稀代の巧打者・鉄平が見た大谷翔平の”凄み”。右足に乗れるから「バットに当たるし、パワーも活きる」

タグ: , , , , 2022/9/7

(C)CoCoKARAnext

 MLB史上初の「10勝&30HR」を初め、数々の歴史的偉業を達成し続けている大谷翔平。彼の規格外な能力は十分に知れ渡っているが、元プロ野球選手の目に、この男の活躍はどう映っているのだろうか。現役時代にパ・リーグ首位打者(2009年)に輝くなど巧打者として活躍し、2020、21年には東北楽天ゴールデンイーグルスで打撃コーチも務めた鉄平氏に、大谷の”凄さ”を語ってもらった。

【関連記事】村上宗隆と清宮幸太郎――同世代の大砲の現状に鉄平が見解!村上は「手が付けられない」、清宮は「もっとガツガツしていい」






 打者としても投手としても超一流の結果を残している大谷について、鉄平氏は「僕は打撃の方が衝撃的」だと強調する。とりわけ、「メジャーリーガーを凌駕する日本人バッターが、生きている間に出て来るとは思いませんでした。しかも、それが二刀流という形ですからね。特にパワー。松井秀喜さんより速いペースでホームランを打ってるわけですから」と、大谷の打者としてのパワーに魅力を感じているそうだ。

 さらに、そのパワフルな打撃を可能にしている要因を「あれだけの大きい体なのに、しっかり体を使える。パワーはあるのに体の使い方や活かし方を理解していない人もいますが、大谷選手にはそれがない」と語り、自身の体を思い通りに使えていることが、衝撃的な打撃を生み出していると分析した。

 同じ左打者として、特に目を引かれるのが「右足の使い方」だという。

「めちゃくちゃアッパースイングだけど、左足でテークバックして、打つ瞬間に右足に一瞬だけ体重がしっかり乗りますよね。この一瞬、右足に体重が乗るのがとても大事なんです。ずっと左足に重心を置いておくと、間が取れなくて、ボールとバットの接点がかなり少なくなってしまいます。結果的に対応力が低くなるわけです。でも、大谷選手は打つ前に右足に体重が乗りますよね。こうしたバットに当てる高い能力を持っているからこそ、パワーも活かせる。やっぱり下半身の使い方は上手いですね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧