阪神・サトテル 好調な打撃よりも不安視される「守備問題」とは

タグ: , , , 2022/2/28

 阪神の若き4番候補、佐藤輝明内野手(22)が順調に調整を続けている。

 27日のヤクルトとのオープン戦(浦添)に「5番・三塁」で出場した佐藤輝は、4回一死一塁でヤクルトの育成右腕・小沢から左翼フェンス直撃の二塁打を放つと、8回一死二、三塁でも木沢から左翼へ犠飛を放つなど3打数1安打1打点。ここまで実戦9試合で打率4割超えと好調をキープしている。「波も少ないし、しっかり継続してやっていきたい」と本人も手ごたえを感じている様子を見せた。

・今すぐ読みたい→
日本ハム・新庄監督の「職場放棄」が話題に 「相手監督に失礼」の声も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tsuyoshishinjo-workplace-abandonment/


 一方で充実感を漂わせた打撃に反して、周囲を心配させたのは課題の守備だった。今季は大学時代から慣れ親しんだ三塁を守りたいと明言している佐藤輝だが、この日の試合では、6回二死一塁で代打で出た中村の打球を後逸し失策を記録。その直前にも打球をはじいて、内野安打とする場面があった。

 この試合ではほかにも若手野手陣がエラーを連発。5回に先頭の山崎の打球を二塁手・木浪がファンブル(記録は内野安打)。一死一、二塁、打者塩見の場面ではワンバウンドを処理した坂本の二塁への送球をベースカバーに入った木浪は捕球できず、適時失策に。さらに遊撃に入った小幡も塩見の打球をファンブルと1イニングで立て続けに失策を記録。
 矢野監督も1試合で3失策と相変わらずの守乱ぶりには「球際の課題はたくさん出ている。締まりのあるプレーをしていかないと」とおかんむりだった。





「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧