西武・内海 今でも古巣からラブコールを送られる「人徳」とは

タグ: , , , 2022/1/3


 西武のベテラン左腕、内海哲也投手(39)の評判がうなぎ上りとなっている。

 内海は今季、1軍では2試合登板で1勝0敗、防御率7・71に終わった。それでも渡辺GMは来季に関してコーチ兼任として現役続行を認めた。コーチ兼任をオファーした理由については「彼の人となりを見ていたら、指導者に向いている、きっといいコーチになると思った」と巨人から移籍後の3年間を見て判断したという。

・今すぐ読みたい→
原巨人 「早くも1敗」といわれる痛恨のコーチ人事とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tetsuyautsumi-lions-coach/


  内海にとってもこのオファーは渡りに船だった。「自分から辞めるっていうのはちょっとまだ踏ん切りがつかなかった。いろいろ葛藤があった中でそういう話をしていただいた。年齢的にも学んでいきたいと思っていたので、すごいありがたい話を頂いたと思います」とコーチ業に手ごたえを感じている。

 すでに「実績」もある。内海チルドレンの1人である、プロ3年目の渡辺は今季17試合に投げ4勝4敗、防御率3・44をマークと飛躍の年となった。奄美大島で行った自主トレ含め、折に触れ丁寧なアドバイスを糧にしてきた。

 そんな内海の存在を今でも忘れられないのが古巣の巨人だ。2018年オフに炭谷のFA移籍に伴う人的補償で西武に移籍。長く投手陣の柱であり、精神的支柱だった内海の流出を許したことで「なぜ内海がプロテクト漏れとなったのか」とネットを中心に球団の姿勢に非難の声が高まった。これを受け、当時の石井球団社長は異例の長文コメントを発表している。





 「長年にわたってジャイアンツのエースを務め、6度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献するだけでなく、同僚選手たちの精神的な柱でもあった内海投手の移籍は大変残念でなりません。今後は埼玉西武ライオンズで、これまで通り子供たちのあこがれの的として活躍し続けていただき、いつの日か、再びジャイアンツに戻ってきてくれることを期待しています」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧