ドラフト最下位指名の逆襲!「消えた天才」「忍者」「再生された男」が狙う1億円下克上

タグ: , , 2022/10/30

 プロ野球では毎年多くの年俸1億円プレーヤーが誕生し、2022年シーズンは80人が大台を超えた。1億円を稼ぐことが「夢」ではなくなりつつあるが、ドラフトで全体最下位指名された選手にとってみれば、変わらず狭き門だ。

 「史上最大の下剋上」といわれているのが、通算2000安打をマークした福浦和也。1993年ドラフト7位でロッテに入団し、この年の最後64番目指名だった。投手から野手に転向して必死で努力。2001年首位打者に輝くなど実力ではい上がり、年俸は入団時の400万円から2002年には1億8000万円に。最下位で指名された選手で初の1億円プレーヤーになった。「残り物に『福』あり」とは、まさにこのことだった。

【関連記事】原巨人「だらしなかった」 屈辱のBクラスで指揮官から断罪された「選手の名前」






 投手では「野村再生工場の最高傑作」といわれた田畑一成がいる。1991年ドラフト10位、全体最後の92番目でダイエー(現ソフトバンク)に入団。ドラフト会議の名物アナウンスで知られるパンチョ伊東が、司会者人生最後に読み上げた名前でもあった。その田畑はダイエー3年間で通算2勝に終わったが、移籍したヤクルトで開花。野村克也監督のもとで移籍1年目の96年に12勝、97年には15勝を挙げて優勝にも貢献した。戦力外同然のどん底から通算37勝をマークし、年俸は1年目540万円から最高7300万円と、一発逆転のチャンスをつかんだ。

 実力次第でのし上がれる世界とはいえ、ドラフト下位選手の出場チャンスは限られるだけに、実力に加えて人との縁や、運もないと成功することは難しい。はい上がった福浦の後に続くべく、ドラフトの最下位指名(育成枠を除く)から飛躍を狙う選手をピックアップした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧