矢野阪神 史上初の泥沼6連敗で「暗黒時代」に逆戻りか ささやかれる「Xデー」とは

タグ: , , 2022/4/1

 勝ち星が遠い。阪神は31日の広島戦(マツダ)に2―3と敗れ、これで開幕から6連敗。球団史上初の開幕6連敗となった。

・今すぐ読みたい→
原巨人 ヤクルト3タテの裏にあった「あの屈辱の儀式」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-humiliation-ritual/


 この日は4番・佐藤輝が2試合連続適時打と気を吐くも、2ー2で迎えた6回に好調なマクブルームに決勝二塁打を浴び、試合をひっくり返された。10安打したものの、10残塁で2得点の拙攻。要所での勝負強さを欠くおなじみのパターンには「あと一歩。投手も悪いわけではないけど何とか粘って欲しい。打者もチャンスでもう1本が出ない」と矢野監督も言葉を振り絞るしかなかった。

 これで開幕後、白星がないのは12球団で唯一となった。なかなか浮上の兆しが見えない中、さらなる難敵も浮上している。

 「来週からはいよいよ本拠地甲子園に戻っての試合も始まります。ここまで負けが込めば、元から熱いとされる虎ファンのこと。様々な罵声が飛び交うことも予想されます。選手たちも慣れてはいるでしょうが、ここまでハードな局面は近年なかった。果たして気持ちが持ちこたえられるのかも心配されます」(放送関係者)





 甲子園で行われていたセンバツ高校野球も西の雄、大阪桐蔭が4年ぶり4度目の優勝を飾り、幕を閉じた。チームは5日から本拠地甲子園でDeNA、今回3タテを食らった広島を迎え6連戦を戦う。ここでさらにふがいない戦いぶりを露呈するようならば、ファンから厳しい声が飛ぶのは必至と見られる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧