原巨人 ヤクルト3タテの裏にあった「あの屈辱の儀式」とは

タグ: , 2022/4/1

 巨人は31日のヤクルト戦に6ー3と勝利。プロ初先発となったプロ3年目の堀田賢慎投手(20)が6回5安打無失点で初勝利を飾った。

・今すぐ読みたい→
断トツ最下位予想だった広島が29年ぶり開幕5連勝の快進撃 セイヤの呪いならぬ福音?過去にも中心選手のメジャー流出直後にリーグ3連覇 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/carp-background-of-5-consecutive-wins/


 注目の初マウンドでも堀田は落ち着いていた。初回先頭の塩見には内野安打を許すも、続く青木が放った遊撃への強烈な打球を坂本が好捕。初回を乗り切るとチェンジアップを低めに集め、4併殺を奪うなどヤクルト打線を手玉に取った。

 原監督もこの好投には「非常に粘り強く投げていたのが勝ちにつながった」と評価。この日で先発ローテ―ションが一回りとなったが、この日投げた堀田、山崎伊、ドラフト3位の赤星と新ローテーションに入った3人がいずれも試合をしっかり作ったことは大きい。

 「ひと通り6人の先発投手がそみんないい結果を出してくれた。もちろん勝ち星(が付くこと)は大きいんでしょうけど、でもそれぞれがいい投球をしてくれたのは、非常にチームにとって、まあ私の中でも、大きなことだった。続けていってもらいたいなと思いますね」と今後に期待を寄せた。

 また、チームにとってはヤクルトの本拠地である神宮で3タテを果たせた意味も大きい。ナインの脳裏には昨年のあの屈辱の記憶が残っている。優勝争いが佳境に入った昨年10月5日からの3連戦。ここでチームは痛恨の3連敗を喫した。3試合で計2得点しか奪えず、すごすごと球場を引き上げるしかなかったが、そこで目に入ったのがあの光景だった。





 「ヤクルトでは昨シーズンに巨人からトレードで加入した田口投手が勝利時の試合終了後にファンサービスもかねて、球場内にあるブルペンで指揮者に模して拍手を集めるプチセレモニーが恒例となっています。ヤクルトファンの間では『勝利の儀式』として好評ですが、負けたチームのナインからしたらたまったものではない。実際、昨年の3連敗時に坂本が球場から引き上げるときは、その儀式をじっとにらんでました」(放送関係者)

 「屈辱の儀式」がGナインの闘争心に火をつけたというのだ。田口といえば、巨人時代は2016、17年連続で2ケタ勝利をあげるなどチームを支えた左腕でもあるが、何かとお騒がせのイメージもつきまとう。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧