「体験入部」4番佐藤輝が満弾回答!阪神4番歴代10傑プレーバック

タグ: , , 2021/5/5

 タイガース107代「4番」が、豪快に第1歩を踏み出した。

 阪神ドラフト1位・佐藤輝明(22)が2日広島戦(甲子園)に「4番・サード」でスタメン出場。プロで初めて起用された4番に入り、5回に野村から8号逆転満塁本塁打を放ち、勝利(7-3)の立役者になった。

・今すぐ読みたい→
「佐藤輝明は助っ人」金村義明が巨人VS阪神の戦力を分析 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-vs-tigers/



 記録ずくめの一発だった。4番初試合で1発を放った新人は清原和博(西武)以来35年ぶりで、阪神球団史上初めて。新人の満塁本塁打は高山俊(阪神)以来5年ぶりプロ野球56人目だが、4番初試合で新人満塁弾は史上初の快挙だ。

 佐藤輝は「4番なんでしっかりと頑張ろうと思った。チャンスで回ってくることが多い。最高の結果を出すことができて良かった」。この日は無観客だったが、打てない4番は容赦なくヤジを浴びせられるのが人気球団の宿命。多くの先人たちがプレッシャーに苦しんできた打順を、重圧でなく意気に感じて結果を出すあたり、新人離れしている。





 開幕から全試合4番出場の大山を休養させ、代役として抜てきした矢野監督は「4番は体験入部のようなものだったが、何かしらこういうファンの記憶に残ることやビックリするようなことが起こせるのは、何か持っているということ」と称賛した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧