矢野阪神 「ちぐはぐ采配」「拙守」で一気に広がる「不協和音」

タグ: , , 2022/5/21

 これでは勝てない。阪神は20日の巨人戦(甲子園)に延長戦の末に6ー2と敗れた。9回二死から大山が起死回生の同点ホームランを放つも延長12回にリリーフ陣がつかまった。

【関連記事】原巨人 首位打者吉川にも代打でささやかれる「鉄の掟」とは



 先発は今シーズン好投を続けている青柳。丁寧に投げ巨人打線を封じていたが、6回に岡本和に2点適時打を浴びて先制を許す。その後、9回二死から大山がデラロサのスライダーを捉え、同点7号2ランを放ち反撃ムードを高めるもあと一本が出ず。

 最後はミスが勝負の分かれ目となった。延長12回、先頭の中山の打球を遊撃の中野がファンブルし、悪送球で塁に出すと一気に流れは巨人に。続く岸田に死球を与え、丸に右前打を許し無死満塁のピンチを招くと、迎えた立岡にアルカンタラが勝ち越しとなる右前適時打を浴びた。代わった渡辺も代打・中田に中前へ2点打を許すなど、この回は打者10人の猛攻を受け4失点、勝負は決まった。

 試合後の矢野監督は「ずっとね、ミスが点になって、決めるところで点が取れないっていうね」とコメント。拙守が足を引っ張り、得点力不足に悩まされている現状を嘆くしかなかった。

 この日の守備に関してはこんな声も上がる。

 「中野は前日の試合でもミスをしたばかり。この日も記録上は安打となったが、6回のウォーカーの当たりもしっかりとってほしかった。点がとれないことがクローズアップされているが、これだけ拙守が続けば、投手との信頼関係も崩れる」(球界関係者)





 中野は19日のヤクルト戦でも初回二死一、二塁から相手捕手、中村のショートゴロをファンブル、二死満塁のピンチを招いていた。好投を続ける投手陣を援護する守りができていないばかりか、足を引っ張っているとあって、改めて守備に向き合う姿勢が問われている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧