岡田阪神の「守りの野球」構想を球界OBが解明!攻撃面のカギは”将棋”「臨機応変に作戦を打ってくるんじゃないかな」

タグ: , , , , , 2022/11/30

(C)CoCoKARAnext

 15年ぶりに岡田新監督が就任し、セ・リーグ制覇に向けスタートを切った阪神タイガース。2023年シーズンの新しい阪神の戦い方に大きな注目が集まっている。

 中日、阪神、西武で通算1560安打を放ち、初代の楽天監督を務めた田尾安志氏が「デーブ大久保チャンネル」に出演。岡田新監督が考える来季の阪神の構想について語った。

【関連記事】原巨人 「こいつが出てくるの?」若手がこぞって「外野シフト」に走る理由






 今季の阪神はチーム防御率2・67と安定感抜群の投手陣を擁してAクラス入りを果たしたものの、失策数がリーグワーストと守備面での課題が露呈した。

 田尾氏は、岡田監督が考える来季の阪神について「基本は守りの野球みたいですよ。複数を守らせるようなことはしないみたい。ポジションを任せるから、そこできっちりやれ、というような野球を考えている」と、新指揮官の考えを明かした。

 また、田尾氏は「基本は佐藤輝をサード、大山をファーストに固定したいと考えている」と、主砲2人の現時点での起用法について語った。岡田新監督は今季まで複数ポジションを守ることが多かった佐藤輝明内野手や大山悠輔内野手の守備位置の固定を考えているようだ。

 来季の二遊間については、「中野のセカンドはもう大体決定みたいだね。ショートは小幡か木浪かな。ショートは多少打てなくてもいいと思っているんじゃないかな」と田尾氏は話した。正遊撃手だった中野拓夢内野手を二塁にコンバートし、守備力の高い小幡竜平内野手を遊撃の候補として挙げるなど、守備面からチームの改革を始めている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧