東京五輪・美人メダリストがパリ五輪出場を明言しない理由とは

タグ: , , , , , 2022/3/8

 東京五輪女子ボクシングフライ級で銅メダルを獲得した並木月海(23)。

現役陸上自衛官でありボクシング選手という肩書きを持ちながら、普段は可愛らしい笑顔が印象的だ。

そんな並木に今回「CoCoKARAnext」で独占インタビューを実施。東京五輪を終えてからの心境と、2年後に行われるパリ五輪への思いを聞いた。

(c)自衛隊体育学校

・今すぐ読みたい→
東京五輪メダリストが感じた平野歩夢のすごさとは!?不可解判定について「自分だったら・・・」女子ボクシング・並木月海インタビュー https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tsukiminamiki-talks-about-ayumuhirano/



並木は東京五輪後の昨年11月に、アマチュアボクシング全日本選手権で初優勝を果たし、メダリストの名に恥じない結果を残した。

この結果に並木は、「初めての優勝だったので、やっと勝てたな」と国内初タイトルに充実感を漂わせた。

試合を振り返り並木は、「自分自身は全日本よりは、その後に控えているアジア大会に標準を合わせていたので、そこまで嬉しさはなく、淡々と試合をこなせました」

と特にプレッシャーはなかったという。

そして注目を集める2024年のパリ五輪に出場するとは並木はまだ明言していない。熟考を重ねる裏には、自身のどんな気持ちが隠されていたのだろうか。





「五輪が終わった直後は正直何も考えられなくて。これよりもさらに厳しい練習をしないと上に行けないことを自分自身が感じて、それをまた頑張れるかと言ったら、すぐ簡単には頑張れるとは言えなくて。だからこそパリ大会を目指すという事は言えなかったです。
でもやっぱり世界をとりたい、自分の納得する試合を一回でもやってみたいというのは大きかったので、現役続行に踏み切りました」

日々血のにじむような努力を積み重ね、自分の限界と戦い抜いて、やっとの思いで獲得した東京五輪銅メダル。パリ五輪挑戦を簡単に明言できないほどの苦労と、期待を寄せてくれる方々への声援に報いたいという思いとの葛藤は相当なものだっただろう。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧