東京五輪メダリストが感じた平野歩夢のすごさとは!?不可解判定について「自分だったら・・・」女子ボクシング・並木月海インタビュー

タグ: , , , , , 2022/3/2

 東京五輪女子ボクシングフライ級で銅メダルを獲得した並木月海(23)。

現役陸上自衛官でありボクシング選手という肩書きを持ちながら、素顔は可愛らしい笑顔が印象的だ。

そんな並木に今回「CoCoKARAnext」で独占インタビューを実施。冬季五輪では過去最多となる18のメダルを獲得し、日本中に感動を届けた北京五輪での日本勢の活躍について、改めてメダリスト目線で語った。

(c)自衛隊体育学校

・今すぐ読みたい→
「言葉がもたらす安心って大きい」カー娘から学んだ「支える力」 女子ボクシング・並木月海インタビュー https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tsukiminamiki-talks-about-loco-solare/



冬季五輪は選手として参加した東京五輪とは違い、自分が出ているときとは違った見え方があったという並木。東京五輪で出場していた際は、出場していたこともあり、あまりオリンピックについて考えることは少なかったが、テレビ観戦することで改めて五輪の素晴らしさに気づき、自身の活躍についてもようやく実感が沸いたという。

様々な競技を観戦した中でも、羽生結弦選手の演技にも注目が集まったフィギュアスケートは印象に残っているようで、
「私が素人目線だからというのもありますけど、演技系って難しいなと思ったのは、自分の好みと、採点の好みの違いが全然違うんだなって思いました」

フィギュアスケートでは技術と共に表現力も大事なアピールポイントとなる。その表現においても好みが分かれるところで、自身の競技との違いや難しさに改めて気づき、他競技へのリスペクトを示した。





また今大会、最も注目された選手の一人といっても過言ではない、スノーボード男子ハーフパイプで金メダルに輝いた平野歩夢選手についても語った。

スノーボードハーフパイプという競技については「高所恐怖症な自分からしたら、怖すぎてよくやるなというイメージ」と、恐怖感がある事を語りながらも興味深く観戦したようだった。

「平野選手は同い年ということもあって、3度目の五輪出場という実績や、金メダルを獲得したこと、メンタルの作り方には刺激を受けたし、活躍は励みになりました。そもそも五輪に出ること自体が難しいなかで、今回は夏季、冬季とまたがって出場している。前回大会からのメダルの色に再挑戦できるのはすごいことだし、簡単なことではないですよね」

と、共に東京五輪で戦った平野が連続出場した事の凄さを語り、同い年として良い刺激をもらったと力を込めた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧