ボクシング銅 並木月海 目指す女子ボクシングの未来形 気になる入江との関係性は?

タグ: , , , , 2021/9/23

 日本中に勇気を与えた東京五輪。ただ、女子ボクシングフライ級銅メダリストの並木月海選手(23)は当初、準決勝でブルガリアのストイカジェリアスコバ・クラステバに敗れたことをすぐには受け入れられなかったという。

 「負けた直後は悔しくて。あんまり銅メダル、嬉しくないという気持ちではあったんですけど」

(c)自衛隊体育学校

●10/28(木) 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える!

【写真】笑顔がかわいい!並木の貴重な私服ショット

・今すぐ読みたい→
ボクシング銅・並木月海が幼なじみ那須川天心へエール!幼稚園の時に対戦した思い出 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tsukiminamiki-womens-boxing-02/



 そこで並木の気持ちを変化させたのはある言葉が大きかった。

 「みんなが誇りに思うよと言ってくれて。たくさんの方々におめでとうと言ってもらえて本当に幸せと感じるようになりました。周りの方々の支えでこのオリンピックの舞台に立つまでにすごく頑張ってきた。それを全て否定するのは違うんじゃないかと思えるようになって、この銅メダルも誇りに思えるようになりました」

 周囲の人々の言葉で自分の歩んできた道を冷静に振り返ることができたというのだ。

 金メダルに輝いた入江聖奈選手と共に一躍、女子ボクシングが脚光を浴びている。この点についても自身の役割を自覚している。

 「2人でメダルを取って、(女子ボクシングが)今まで以上の注目を集めていると思うんですけど、それが持続するかはこれから自分たちがどれだけ結果を出せるかにあると思うので。今のままが続くというのは考えてなくて。結果なり何なりで色々な方々に応援してもらえるような、ボクシング、働きをしたいなと思いますね」。

 そして、今や「カエル女子」としても人気急上昇中の入江選手についても、どう見ているのか、この点についても率直に語ってくれた。

「お互いマイペースというか、リズムを持っている。海外の試合で一緒の部屋になることも多いので、リズム感が分かっている。今まで通りという感じですね」





 現在は階級も分かれているが、かつては同じ階級だったこともある。それでも同志のような意識が強いという。

 「階級同じだったときは高校生の頃だったので特にライバルというわけでは全然なくて、自分がライバルとして見ているというよりは、一緒に戦っている仲間という形で。入江以外の代表選手メンバーもすごく支えてくれて、チーム一丸となって、このオリンピックを迎えられた。そういうメンバーの中の仲間という形です」と語った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧