ボクシング・並木月海、10年越しに「普通の女の子」になるも「二面性な感じ」

タグ: , , , , 2021/9/22

 東京五輪ボクシング女子フライ級で銅メダルを獲得した並木月海選手(23)。リング上では気迫溢れるプレーを見せる並木だが、普段は可愛らしい笑顔が印象的だ。

そんな並木に今回独占インタビューを実施。「普通の女の子になりたい」と一度格闘技をやめた真相、その中で感じた格闘技への思いを語ってくれた。

(c)自衛隊体育学校

●10/28(木) 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える!

【写真】休暇中に愛犬と戯れる並木

・今すぐ読みたい→
ボクシング銅・並木月海が幼なじみ那須川天心へエール!幼稚園の時に対戦した思い出 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tsukiminamiki-womens-boxing-02/

「何をやっているのかな」と、はじめたボクシング


並木が格闘技と出会ったのは幼少期。家族の影響で極真空手を始めたことがきっかけだった。その後、空手に加え小学3年生時にはキックボクシングを始めた。だが、小学6年生に上がった頃、それまでやってきた格闘技を全て辞めたのだ。

「普通の女の子になりたかった」

幼い頃から格闘技漬けの日々を送っていたため、平日の放課後は毎日練習、オフである日曜日も試合があれば出場するなど、遊び盛りの年頃にいた「並木少女」にとって、学校帰りに友達と遊ぶ周囲に憧れがあった。

だが、憧れの生活もそう上手くはいかなかったという。

「何をやっているのかなという感じになった」

そう感じた並木は、たまたま近所にあったボクシングジムへ通うことに。

「自分自身、試合に出るつもりとかは全くなく、どちらかというとフィットネス感覚で始めました。正直体を動かせればなんでも良かったんです。でもその割にはまた格闘技を選んだ。なんだかんだ格闘技が好きなんだと思います」

当初はフィットネス感覚で始めたボクシングだったが、五輪の舞台に立てるまでに成長。その上、メダルまで獲得してみせた。





その五輪からおよそ1ヶ月半。この期間、ボクシングのことを考えずに過ごす日々を送った。久しぶりに味わった「普通の女の子」のような生活。

10年経った今、再びその願望は湧き出たのだろうか。

「(普通の女の子に戻りたい願望は)全然出ました(笑)やっぱり休んでいるのが1番だなって。『私はやっぱりグータラが好きだな』とか思いながら、犬とたわむれていました。
ただ、オフが終わり寮に戻ってきて練習を再開したら、動くのが楽しくて。二面性な感じですね。オフの期間に戻りたいという気持ちもあれば、なんだかんだ練習も好きみたいで。練習している時間も心地いいんですよね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧