「天が二物を与えた」格闘家・白鳥大珠・・・「ルックスから入ってもらって構わない。それが自分の強み」

タグ: , , , 2021/6/16

 格闘家・白鳥大珠。格闘技好きの父親の影響で幼い頃に空手道場へ行ったことがきっかけで格闘技人生をスタートした彼は、のちにキックボクシングの道へ。その後、ボクシングへ転向し再びキックボクシングの世界へと戦いの舞台を移した彼は、「RISE WORLD SERIES 2019 -61kg級王者」「第5代RISEライト級王者」など、これまで数々のタイトルを獲得し活躍を続けている。

「キックの王子様」の愛称で知られる彼は、その名の通りキックボクシング界において世界王者に輝く実力者でありながら、持ち前のルックスを活かしモデル業もこなすなど、まさに「天が二物を与えた」格闘家だ。

そんな白鳥が語る、自身ならではの強み、そしてこの先の目指す姿とは一体どのようなものなのだろうか。

・今すぐ読みたい→
『お前は将来格闘技をやるんだぞ』から始まった白鳥大珠の格闘家人生。人生を変えた「鶴の一声」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/taijushiratori-fighter-life/

「ルックスから入ってもらって構わない。それが自分の強み」


格闘家としての実力さながら、そのルックスも武器に多くのファンを魅了する白鳥。

だが彼は、そのルックスこそ自らの強みだと話す。

「やっぱり、ぱっと見で格闘家には見られないんですよ。僕のルックスが格闘家ぽくはないので、モデルなの?とかよく言われます。
ただ、僕は、そこ(ルックス)から入ってもらっても全然構わないです。今応援してくれているファンの方の中にも、格闘家であることを知らずに、容姿から好きになってくれた方もいらっしゃるので。そこは、格闘家の中での自分の強みでもあるなと思います」

現在25歳の白鳥は既にキックボクシング界において国内トップクラスの実力と人気を誇るが、この先目指すべき姿についてこう語っている。





「白鳥大珠としては、もちろん格闘技の実力がトップであることは大前提ですが、国内のどこにいても皆が知っているくらい大きくなりたいですね。
その上で格闘家としては、国内のみならず海外も渡り歩きたいという思いがあります。
現状、僕は海外でいうと、まだタイでしかキックの試合をやったことがないので、将来的にはヨーロッパの方でも試合をしていきたいですね。
ただ今はキックをやっていますが、最終的にキックで終えるのかという部分は正直まだわからない。
もちろんキックが好きなので、それで頂点をとりたいという思いはありますが、この先何があるか、どうなるのかって分からないじゃないですか。もしかしたらMMAをやりたいとなるかもしれないですし。そこはまだハッキリとは決まっていないですね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧