『お前は将来格闘技をやるんだぞ』から始まった白鳥大珠の格闘家人生。人生を変えた「鶴の一声」とは

タグ: , , , 2021/6/16

 格闘家・白鳥大珠。「キックの王子様」の愛称で知られる彼は、その名の通りキックボクシング界において世界王者に輝く実力者でありながら、持ち前のルックスを活かしモデル業もこなすなど、まさに「天が二物を与えた」格闘家だ。

現在は立ち技打撃格闘技「RISE」の舞台を中心にプロキックボクサーとして戦う白鳥だが、彼のルーツはどのようなところにあるのだろうか。

・今すぐ読みたい→
RIZINバンタム級トーナメント制するのは誰だ!?元総合格闘家も注目する伏兵は「桜庭和志、堀口恭司になり得る逸材」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shungooyama-rizin28-summary-02/

父親の影響で始めた格闘技・・・いつしか自身の意志へ


「RISE WORLD SERIES 2019 -61kg級王者」、「第5代RISEライト級王者」など、これまでキックボクシングの舞台で数々のタイトルを獲得し活躍を続けている白鳥だが、そもそも彼はどのようにして格闘技の世界へ導かれたのだろうか。

「元々父親が格闘技を見ることが大好きで、僕が小さい頃からテレビでK-1などの格闘技の試合がやっていると、無理やり見せていたらしいんです。父親自身、格闘技をやりたかったみたいなんですが結局やることがなく、僕にやらせたかったみたいです。その頃から『お前は将来格闘技をやるんだぞ』と言われていたようでした」

格闘技好きの父親の影響もあり、その父親に小学1年生の頃空手道場に連れていかれたことがきっかけで白鳥の格闘家としての人生がスタートする。

「空手をやること自体は嫌々ではありませんでした。初めて大会に出場したのは小学校2年生だったと思います。この時は負けちゃいましたね。でも、凄く楽しくて、そこから頻繁に試合に出るようになりました。当時試合がトーナメントだったので、試合に出てどんどん勝ち進んで行き、高学年になると、全国大会で優勝することもありましたね」





その後、中学2年生の初めまで空手を続けたのち、キックボクシングへと転向した白鳥。

この頃から次第に自身の格闘技に対する思いも変わってきたという。

「キックボクシングに転向した1番のきっかけは、テレビでK-1を見ていて、自分もいつかこの舞台に立ちたいと思ったことですね。もうこの頃は、父親にやらされて、と言ったことはなく、自分の意思で格闘技をやっていました」

キックボクシングに転向後、中学3年生でプロデビューを果たすことになるが、そのデビュー戦について白鳥はこう振り返る。

「実は、僕プロデビューのつもりで試合に出ていなかったんですよね。当時のジムで『試合に出てみるか?』と言われ出場してみたらプロルールの試合で・・・。試合が終わってからプロデビューだったことに気がつきました(笑)ちなみにデビュー戦は負けました。相手も大人で、僕自身プロデビューに向けて練習していた訳でもなかったので、そりゃあ負けますよね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧