ビックマウス・皇治の人間力「自分が偉いのも、調子に乗れるのも、リングの上だけ」

タグ: , , , , 2020/11/19

 元フジテレビアナウンサーで、現在はスポーツアンカーの田中大貴と林歳彦がパーソナリティーを務めるラジオ関西の番組「としちゃん・大貴のええやんカー!やってみよう!!」(提供:株式会社ユーポス、株式会社ジャパンクリエイトグループ、もとの樹)。

10月31日の放送ではゲストに格闘家の皇治が出演。

格闘技との出会いや、皇治の人間力についてなど魅力たっぷりで放送された。

・今すぐ読みたい→
「また壊れるなら壊れればいいと思っている。怖さはない」堀口恭司が大晦日の朝倉海戦に向けて決意を語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-63/

ボールを蹴るのに飽きちゃって・・・


現在、キックボクサーとして格闘技界を盛り上げている1人である皇治だが、どのようにしてキックボクシングにたどり着いたのだろうか。

「元々親父の影響で空手をやっていました。小4の時に空手で日本一になって、そのあと日本拳法で全国2位になりました。そこから15歳の時に、格闘技に移っていくと決めました。その頃サッカーもやっていて、僕サッカーの方が上手かったんですよね。ただ、ボールを蹴るのに飽きちゃって・・・(笑)人の顔を蹴ろうと思い15歳でキックボクシングを始めました(笑)本当はボクシングをしたかったんです。ただ、行ったジムがキックボクシングのジムだったのでキックボクシングになりました。」

と、なんとも皇治らしい理由であることを明かした。

「そこで、初めて相手にやられて、悔しいからこいつ倒したろと思って練習していくうちに、会長から試合に出てみないかと言われ、出ました。
初戦でいきなり日本ランキング3位の人と戦ったんですよ。判定までいったんですが負けました。それが悔しすぎて、やり返さなあかんわという感じでした。」





だが、当時の「皇治少年」にはK-1選手のほかに、もう一つ夢があったと言う。

「僕、小学校の時にK-1選手かサッカー選手にになりたいって書いていたんです。小さい頃は、セレッソ大阪のジュニアチームにも所属していました。
もしかしたらJ1選手になっていたかもしれないです。ちょっと道間違えましたね。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧