「那須川天心は努力の天才」RISE・伊藤会長が語る那須川の凄さとこれからとは

タグ: , , , , 2020/9/27

 今月27日に行われる総合格闘技イベント「RIZIN.24」。

今大会、注目すべきカードといえば、やはり「神童」・那須川天心と今年7月にK-1から電撃離脱を発表し、RIZINへ参戦となった皇治の一戦だろう。

その一戦を前に、那須川を学生時代からサポートし、彼の所属団体であるRISEの伊藤隆会長に特別インタビュー。

後編となる今回は、伊藤会長が語る那須川天心の凄さ、成長と課題、さらには27日に行なわれる試合の見所についてお伝えする。

・今すぐ読みたい→
RISE会長が語る那須川天心発掘秘話「絶対にこの子をスターにしなければいけない」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/takashiito-interview-01/






彼は「努力の天才」


プロデビュー以来40戦負けなし。キックボクシングの天才とも呼ばれるほどトップ選手に登り詰めた那須川。そんな那須川が「天才」と呼ばれていることについて、伊藤会長はこう語る。

「彼は周りから『天才』と言われているんですが、僕は彼を『努力の天才』だと思っています。彼は本当に努力を惜しまないですし、ジムでやったことを帰宅してからも復習し、できるまで行っていましたね。
高校2年生くらいからは、二部練習三部練習といった感じで、ボクシングやフィジカルトレーニングにも通っていました。
彼は本当に、強さに対する欲求、そのための努力を惜しみませんでしたね。
この当たり前のことがなかなか皆できないのですが、彼はすんなりできるというか、必然的にここまで来たのかなと思います。」

だが、「天才」故に、伊藤会長にとって、予想外だったこともあるという。

「努力に加え、彼は凄く心が純粋で綺麗な子なので、後は僕たち周りの人間がサポートすれば間違いなくトップにいくだろうなと思っていました。ただ、その中で彼は、僕たちの予想よりも早く走ってしまったというのはありましたね。」

その言葉通り、今では対戦相手を探すことすら困難と言われるほど、ある意味「孤独」な状況にいる那須川。普通ならば、目標を見失ってしまう立場にあってもおかしくはないが、それでも戦い続けられる強さはどこにあるのだろうか。

「今はキックボクシングやRISE、格闘技にとどまっていますが、そこで終わりじゃないと切り替えられるところじゃないですかね。
彼自身は、唯一無二の存在になりたいんです。人間を超越したいんですよ。
皆、疑うかもしれませんが、今の天心を見ていると本当に成し遂げてしまうような気がするんですよね。それは彼自身も思っていると思います。
それは彼の今までの努力や結果、有言実行してきたことがあるからそう思いますし、我々もとことんサポートしないとなと思いますよね。
彼のそういった部分がどんどん枝分かれしてサポートが増えていくというのも、彼のすごいところだと思っています。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧