負け続けた遅咲きの元PRIDE戦士が朝倉未来を激励!「負けてから立ち上がることは、勝ち続けるよりも大切なこと」

タグ: , , , , 2021/6/14

 朝倉未来選手の衝撃的な失神TKOで幕を閉じた「Yogibo presents RIZIN.28」。この朝倉未来vsクレベル・コイケ戦について、グレイシー一族やミルコ・クロコップと戦い、ピーター・アーツに勝った元総合格闘家の大山峻護さんに話を聞いた。

・今すぐ読みたい→
【RIZIN】鬼のメンタル・堀口恭司「たとえ不安であっても、何事もプラスに捉える」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-64/



――18年ぶりに東京ドームで行われた格闘技の祭典は劇的な展開となりました
「胸が熱くなる試合でしたね。朝倉未来選手も、クレベル・コイケ選手も、これまでたくさんのキツイ経験と実績を重ね、這い上がってこの舞台にたどり着いた選手。東京ドームのメインイベント、地上波のゴールデンタイムで戦えるって最高の経験です。渦中にいる時は、自分の状況とか立場とかが見えなくなってしまいがちでで、それがどれだけすごいことかわからないんですけど、本当に一握りの人しか見られない景色。その舞台で、本当にいい試合を見せてくれました」

――結果は2R三角締めでクレベル・コイケ選手の勝利
「朝倉選手のプレッシャーは相当のものがあったと思いますが、入場時の目の力がいつもより弱かったように感じました。一方、クレベル・コイケ選手はものすごくいい顔、充実した目をしていましたね。この大舞台で戦えることを幸せに感じているようでした。1R目はどちらが勝ってもおかしくない雰囲気がありましたが、朝倉選手は慎重になりすぎてしまって攻め切れなかったですね。クレベル・コイケ選手の入りはシンプルだけど無駄がなく、研ぎ澄まされた素晴らしい動きでした」





――ライト級タイトルマッチではホベルト・サトシ・ソウザ選手がベルトを手にしましたが、柔術の時代が再来しますでしょうか?
「グレイシーの時代から柔術のすごさを見せつけられてきましたけど、改めてすごさを感じましたね」(大山さんはハイアン・グレイシー戦で腕ひしぎ十字固めで一本負け、右腕肘関節脱臼骨折に追い込まれた経験を持つ)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧