井端ジャパン「受難の船出」 手腕に期待する声も

タグ: , , 2022/1/11


 止まってしまったジャパンの歩みは、再び動き出すのか。侍ジャパンの年代別全カテゴリーを統括するNPBエンタープライズは11日、侍ジャパンU-12代表監督に、中日、巨人などで活躍した井端弘和氏が就任すると発表した。

・今すぐ読みたい→
巨人 主将問題に新展開!「次は岡本」の陰で脱落していった「あの選手」たちとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-next-captain/



 2022年夏に台湾・台南市で開催予定の「第6回WBSC U-12野球ワールドカップ」に向けて指揮を執るという。

 井端氏は「選手時代に培った経験や、侍ジャパントップチーム内野守備・走塁コーチとしてオリンピック金メダルの経験を若い世代の選手に伝えていきたいと思います。日本野球を担う若い選手達の育成にも努めて参ります」とコメントした。

 侍ジャパンのトップチームは昨夏、稲葉篤紀監督の指揮の下、無観客で開催された東京五輪で金メダルを獲得した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、1年延期された大会。だがトップチームを除き、各世代別カテゴリーの国際大会はことごとく延期・中止が続いていた。

 五輪を機に、世界の野球は少しずつ動き出していた。昨年9月23日~10月2日まで、メキシコで「WBSC U-23 ワールドカップ」が開催された。計12カ国・地域で争われた大会。日本は出場権を手にしており、社会人チーム所属選手中心の構成で臨む予定だったのだが、感染対策や帰国後の隔離期間などを理由に出場を辞退した。大会にはメキシコ、米国、キューバ、ドミニカ共和国、ベネズエラ、コロンビア、パナマ、ニカラグア、オランダ、ドイツ、チェコの他、アジアからも韓国と台湾が参加。大会を制したのはベネズエラだった。





 昨年12月6~12日にはペルーのリマで「WBSC U-18 女子ソフトボールワールドカップ」が開催されたが、やはり日本はチーム派遣を見送り。米国、メキシコ、プエルトリコ、台湾、オランダ、チェコ、ペルー、コロンビアの8チーム対抗で争われ、米国が優勝を果たした。

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催の国際大会は昨年後半から開催されるようになったのだが、自国開催だったトップチームの東京五輪を除き、日本代表チームの派遣は全て見送られてきた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧