「今回はいろんな意味で、ファイターの強さ、すごさを見せてくれることに期待」髙阪剛が『UFC249』の見どころを語る

タグ: , , 2020/5/1

 日本時間の5月10日(日)、アメリカ・フロリダ州ジャクソンビルのヴェテランズ・メモリアル・アリーナで『UFC249』が開催される。

(写真左より)トニー・ファーガソン、ジャスティン・ゲイジー、ヘンリー・セフード、ドミニク・クルーズ/GettyImages

当初、『UFC249』は4月19日(日)開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大により延期。今回、安全対策を取った上で、必要最低限の関係者立会いのもと、無観客試合として行われることとなった。

メインカードは、トニー・ファーガソンvsジャスティン・ゲイジーのライト級暫定王者決定戦。さらに王者ヘンリー・セフードvs挑戦者ドミニク・クルーズのバンタム級タイトルマッチも組まれている。

この2試合の見どころを、「世界のTK」こと髙阪剛に語ってもらった。





・今すぐ読みたい→
堀口恭司&SB松田宣浩スペシャル対談【前編】、2人に共通する意外な弱点とは?(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-50/)

トニー・ファーガソン/Getty Images


――新型コロナウイルスの影響で、UFCナンバーシリーズは2カ月ぶり、しかも無観客での開催となりましたが、豪華なカードが揃いました。
「そうですね。この状況下での開催には、いろんな意見もあると思いますが、安全性を確保した上でなんとか大会を成立させる方法を見出してくれたのは、選手やファンにとってはうれしいことです」

――メインカードは、ライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフがロシア国外に出られないことなどから、トニー・ファーガソンvsジャスティン・ゲイジーの暫定王者決定戦になりましたが、これも大注目のカードです。
「これはこれで相当見応えがあるカードですよ」

——ヌルマゴメドフの代打ゲイジーは、UFC参戦後、6試合すべてでポストファイトボーナスを獲得している超名勝負男であり、現在3連続1ラウンドKO勝ちという最も勢いに乗っている選手のひとりです。
「今回、自分もあらためてゲイジーのUFCでの試合を順を追って見たんですが、清々しいまでの『格闘技バカ』ですね(笑)。いわゆるファイタータイプで、相手の攻撃でもバックステップせずに、常に前に出て『倒しきる試合』をする選手。典型的なストライカータイプに見えますが、バックボーンは違うんですよね」

——幼少の頃からレスリングを始めて、大学時代はNCAAディヴィジョン1でオールアメリカンに選出された、根っからのレスラーです。試合では、レスラーにはとても見えませんが(笑)。
「逆に言えば、レスリング技術を全面に出さずに、いわゆる懐刀を忍ばせながら接近戦でバンバン打ち合っているんでしょうね。だから対戦相手にしたら、レスリングを警戒しながら、トップレベルのストライカーと相対さなきゃいけない」

――だから気が抜けないし、嫌な相手なんですね。
「また、ローキックで崩してから右のオーバーハンドという必勝パターンがあるのも彼の強さです。その右のオーバーハンドは、しっかり当たらなくても倒せるだけのリストの強さを持っているのでは、と思うんですよ。変な角度でパンチが当たると、普通の選手だと手首が折れてしまったりするんですが、ゲイジーの場合は、『この角度では倒れないだろうな』っていう角度でも倒しているので、尋常じゃなくリストが強いんだと思うんです」

ジャスティン・ゲイジー/Getty Images

――かつてのヒョードルやボブチャンチンみたいなタイプですか。
「ライト級ながら、そういう強さを持ってますね。また、あの打ち方のフックは、ちょっと遅れて手が出てくるので見えにくいんですよ。それが相手にとっては脅威だと思います。ただ、ファーガソンとしては、戦略は立てやすいはず。必勝パターンは決まっているし、これまでの試合でゲイジーのクセも研究できていると思うので。だからポイントとなるのは、ゲイジーが隠し持っているレスリング力かもしれない」

――なるほど。その武器はあくまで懐刀として、これまであまり使ってこなかっただけに、と。
「ファーガソンは、長い手足を利した打撃だけではなく、グラウンドの極めも強いし、いわゆる『今成ロール』みたいな、トリッキーな動きから寝技に持ち込むこともできる。でも、ゲイジー相手にきれいにテイクダウンを奪って、上のポジションになるのは、なかなか難しいと思うんです。だから上を取るとしたらゲイジーだと思いますが、その時にトップキープがどれぐらいできるのか。それも興味があるところであります」

――ファーガソンは下からの極めも強いですから。
「ゲイジーがそれを回避するだけのコントロール能力を持っているとしたら、ファーガソンにとってかなり厄介な相手になるし、その『まだ見えてない部分』が不気味なポイントでもある。だからこの試合は、すべてがハイレベルのオールラウンダーであるファーガソン相手に、ゲイジーがどんな戦略を立ててくるのか。さらなる引き出しを開けてくるのかを注目したいですね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧