「初の女子2階級覇者アマンダ・ヌネス、フェザー級タイトル初防衛なるか!?」髙阪剛が『UFC250』の見どころを語る

タグ: , , 2020/6/3

 日本時間の6月7日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのUFC APEXで『UFC250』が無観客試合として開催される。

(写真左より)アマンダ・ヌネス、フェリシア・スペンサー/GettyImages

メインイベントは、UFC初の女子2階級同時制覇王者であるブラジルのアマンダ・ヌネスが、カナダのフェリシア・スペンサーを迎え撃つ、女子フェザー級王座の初防衛戦。

この一戦の見どころを「世界のTK」こと髙阪剛に語ってもらった。





・今すぐ読みたい→
『コロナ疲れ』に堀口恭司が金言「我慢って思うと、我慢ってできない」、己をマインドコントロールする https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kyojihoriguchi-serialization-55/

アマンダ・ヌネス/GettyImages


――女子バンタム級とフェザー級の2冠王者で、これまでバンタム級王座を5度防衛したアマンダ・ヌネスが、今回フェザー級王座の初防衛戦に臨みます。無敵の快進撃を続けるヌネスを、髙阪さんはどう見ていますか?
「ちょっと手がつけられないほど強くなっているのは、多くの人が感じていると思いますが、その圧倒的強さの要因がどこにあるかが、大事なところです。いろんな要因はあるとは思いますが、まず挙げられるのがパンチの距離感。相手に当たるだけじゃなく、仕留めることのできる距離。自分にとってのヒットポイントがけっこう遠いところにあることを、ヌネスはどこかでつかんだと思うんです」

――相手のパンチは当たらないが、自分は倒せるパンチが出せる距離をみつけた、と。
「だからヌネスの試合を観て、『相手は手も足も出ないじゃないか』って感じる人もいると思うんです。距離設定が遠いので、相手からすると自分の打撃が出せない、出したとしてもいい位置で当てているわけではないので、倒すまでには至らないっていうことが起こっているんです」

――ヌネスの相手は、本当はもっと距離を詰めたいところだけど、その前に遠い間合いから強い打撃を当てられて、一気に畳み掛けられてきたわけですね。
「そうですね。通常、リードジャブで距離を測っておいて、利き手の大砲をズドンと叩き込むのがセオリーです。でもヌネスの場合は、リードジャブを出さなくてもすぐ距離設定ができる。相手からすると、まだパンチが飛んでこないタイミングで、強い右ストレートをもらってしまったりしているんです」

――遠い間合いから、一気にKOできるような右ストレートを放ってくるというのは、かつてのエメリヤーエンコ・ヒョードルもそうでした。
「そういった面では、ヒョードルと同じ強みを持っているかもしれない。普通、ラッシュを仕掛けて倒しにいく選手というのは、インファイトで相手の懐に入っていって、一発もらっても二発返すような殴り合いの末、KOするパターンが多いんですよ」

――クリス・サイボーグなんかは、まさにそのタイプです。
「でも、ヌネスはそうじゃないところが強みであり、相手にとってはより攻略するのが難しいんですよ。そしてヌネスも最初からそういう距離で倒せるようになったわけではなく、過去、何度か敗れたり、うまく試合を運べなかった経験を経て、見つけ出したんだと思うんです」

――ヌネスは今でこそ無敵の状態ですが、キャリア前半ではけっこう負けていました。
「まだ遠い間合いでの戦い方を見つけていなかった頃は、組み技の攻防に付き合いすぎたがために体力が削られてしまい、肝心の打撃の威力が落ちてしまった……そんなことが起こっていましたね」

――UFC3戦目のキャット・ジンガーノ戦(2014年9月)で、グラウンドでのパウンドでTKO負けしたときは、そんな感じでした。
「そういう経験も踏まえて、ヌネスも決してグラウンドが苦手なわけではないんですが、自分の最大の強みである打撃を活かすためには、あまり寝技をやりすぎるのはよくないんだな、と気づいていったんでしょう」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧