「ミオシッチvsコーミエのヘビー級タイトルマッチは1勝1敗で迎える決着戦」髙阪剛が『UFC252』の見どころを語る

タグ: , , 2020/8/11

 日本時間の8月16日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのUFC APEXで『UFC252』が無観客試合として開催される。

(写真左より)スティーペ・ミオシッチ、ダニエル・コーミエ/Getty Images

メインイベントは、スティーペ・ミオシッチvsダニエル・コーミエのヘビー級タイトルマッチ。両者はこれまで2度タイトルを懸けて戦い1勝1敗。

今回が決着戦となる注目の一戦の見どころを「世界のTK」髙阪剛に語ってもらった。





・今すぐ読みたい→
朝倉海vs扇久保の一戦を「グレイシー一族と死闘を続けた男」が語る https://cocokara-next.com/athlete_celeb/rizin23-shungooyama-review/

対戦1回目(UFC226)/Getty Images


——王者ミオシッチvs挑戦者コーミエのヘビー級タイトル戦は、1年ぶりの再戦となります。ミオシッチにとっては、3試合連続でコーミエ戦です。
「これはやりにくいでしょうね。お互いに手の内がわかった上で、勝つための戦略を練らなければならないわけですから。今回、あらためてミオシッチvsコーミエの1試合目と2試合目を観てみましたが、この2試合は『未知の部分』があったからこその展開になっている。例えば1試合目の時、コーミエは序盤、ミオシッチの打撃を過剰に警戒していたように見えたんです」

――ミオシッチはそれまで、マーク・ハント、ファブリシオ・ヴェウドゥム、アリスター・オーフレイム、ジュニオール・ドス・サントスといった、そうそうたるヘビー級の猛者をKOしています。
「だからコーミエは『打撃を食らうのは嫌だ』という意識が先行して、体を横に向けて顔を背けるようなシーンが何回かあったんです。でも、何度かクリーンヒットではないパンチを受けてから、『そこまで恐れるほどじゃない』と感じたんじゃないかと思うんです。これは超一流であるコーミエレベルでの話ですが」

——これまで戦ってきた相手と比べて、飛び抜けてパンチが強いわけじゃないぞ、と。
「それをコーミエが感じて、思い切って前に出てクリンチが組めてからアッパーを入れたら、ミオシッチが少し嫌がったので。そこからペースを握りだしたんです。そもそもコーミエって顔面が打たれ強いので、ミオシッチの方からすると、『これだけ打撃でプレッシャーをかけているのに、なんでこいつは怯まないんだ?』という感じだったと思うんです。そしてクリンチを対処しているとき、至近距離の右フックをもらってしまいKOされてしまった」

――コーミエが王座奪取したのが1試合目でした。
「そして再戦となる2試合目は、コーミエが最初から打撃を恐れずミオシッチの顔面を狙いにいって。チャンスがあったらテイクダウンを狙いにいくという展開で正直、余裕がありましたよね。ところが3ラウンドに一回、ミオシッチの前蹴りが入ってコーミエの動きが一瞬止まったんです。そこから今度はミオシッチの方が、『コーミエは顔面は怖がらないけど、腹に穴があるんじゃないか?』と、悟ったんじゃないかな。そこからボディを執拗に攻撃して、4ラウンド目はほぼボディ狙いで。そこから打撃で畳み掛けましたね」

——逆転TKO勝で王座奪回しました。
「なので2試合を並べてみると、どちらも最初に劣勢だったほうが、試合中に活路を見出して逆転勝ちしているんです。これなんか、手の内が完全にわかっていないからこその試合展開だったと思うんです」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧