【UFC】ヘビー級&フライ級の2大タイトル戦「最重量級と最軽量級、このコントラストだけでも今回のUFCは面白い」

タグ: , , , , 2022/1/18

 日本時間の1月23日(日)、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのホンダ・センターで『UFC270』が開催される。

 メインイベントは、正規王者フランシス・ガヌーと暫定王者シリル・ガーンのヘビー級王座統一戦。さらに王者ブランドン・モレノvs前王者デイブソン・フィゲイレードによる3度目の決着戦となるフライ級タイトルマッチも組まれている。

 この2大タイトル戦の見どころを、「世界のTK」高阪剛に語ってもらった。

(写真左より)フランシス・ガヌー、シリル・ガーン、ブランドン・モレノ、デイブソン・フィゲイレード/Getty Images

・今すぐ読みたい→
「契約金7千万円が振り込まれた通帳を見て? 本当に振り込まれたって思いました」元西武の投手でキックボクサー・相内誠が激白③ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/makotoaiuchi-interview-03/


―——『UFC270』メインイベントはフランシス・ガヌーvsシリル・ガーンのヘビー級王座統一戦が実現します。
「ガヌーとガーンなんで、ちょっとややこしいですけどね(笑)。」

――似た名前で実況・解説者泣かせの試合です(笑)。
「ただ、名前は似てるけど、両者のファイトスタイルはある意味で真逆だと思うんですよ。大雑把に言うと、ガヌーは短距離型で100メートルをどれだけ速く走るかというタイプで、ガーンは中距離型。ペースを握って後半追い上げるというレース展開をしっかりと考えるタイプですね。」

――ガヌーは秒殺KO勝ちが多くて、ガーンは5ラウンドをフルに戦って判定でも勝てるタイプだと。
「両者ともに一発で倒せるだけのパンチ力を持っているんだけど、ガヌーはそれが桁違いに飛び抜けています。」

――パンチ力測定の世界記録を持っているんですよね。乗用車と正面衝突した衝撃に匹敵するという。
「だからガヌーの場合は、その自分の力をいかにコントロールできるかがポイントになるんです。当たればKOできるけれども、パワーの出力が大きいから、もし凌がれてしまったらガス欠してしまう恐れがある。前回のスティーペ・ミオシッチからヘビー級王座を奪取した試合では、そうならないために、ちょっとスロースタートというか、慎重でしたよね。出力のコントロールをすごく意識してるなというのが見えたんですよ。」

フランシス・ガヌー/Getty Images

——それまで4試合連続で秒殺KO勝ちでしたが、ミオシッチ戦では2ラウンドKO勝ちでした。
「それはミオシッチのような打撃の技術が高い選手に凌がれた場合、後半失速することを自分で理解しているからだと思うんですよね。タイトルマッチなので、5ラウンド制ということもあるし。」

――ガヌーはUFCで2度の判定決着がありますが、1度目のミオシッチ戦も2度目のデリック・ルイス戦も判定負けでした。
「だから結局、倒せるところでいかに強い打撃を入れるか、という部分は変わってないと思いますが、攻撃の出力のコントロールを意識するようになってきましたよね。」

――となると対戦相手のガーンは、アウトボクシングがうまくてフルラウンド戦う気がまんまんの選手ですから、ガヌーにとっては天敵となるかもしれないですね。
「その可能性はありますね。今回はヘビー級王座統一戦で、ナンバーシリーズのメインイベントという注目度の高い試合ですけど、ガーンはそこで派手な勝ち方をしようみたいな意識はせず、自分の戦い方を貫くと思うんですよ。要はスタンドの距離設定を遠目に置いて、序盤からフットワークと足技を使って、ショートレンジの打撃をとにかくもらわないようにするという。」





シリル・ガーン/Getty Images

――強打のガヌーとは決して打ち合わないことが予想される、と。
「前回のデリック・ルイス戦でも、ちょっと距離がつまりそうになったら、すぐサイドステップを使って離れて、フットワークでオクタゴンの広さを充分に使って、焦らして焦らして最後はKOしましたからね。」

――パワーストライカーを無力化する戦い方ですね。
「そう考えると正直、ガヌーは分が悪い。だからこそ、これは期待を込めてなんですけど、ガヌーにしょっぱなからガンガン行って欲しいなと思うんですよ。ガーンは試合を作るタイプなので、自分の距離設定や形が定まる前にプレッシャーをかけられるとモロさが出るタイプ。そこを突くことができれば、ガヌーが一気にペースを握ることも可能だと思うんです。」

——セットアップが完了してしまったら鉄壁になるけれども、そうなる前にラッシュで殴り合いに持ち込むと。
「そうなればガヌーのものだと思うんですよ。ただ、ガーンの方も、もしそうなったときの準備はしてくる気がするんですよね。ガーンはボディーブローなんかもしっかり打つので、至近距離になったときに腹を効かせたり、すぐ組みついてヒザを入れたりしていくと、ガヌーの失速のスピードも速くなると思うんです。だからガヌーはインファイトに持ち込むんだけど近づきすぎないようにする必要がある。その辺の駆け引きがあるなと予想しますね。」

——いずれにしてもポイントは1、2ラウンドになりそうですね。
「そうですね。後半になるとガヌーはキツくなるでしょう。ガーンは後半伸びてきますから。あのヘビー級の体で、後半に強いというのはすごい身体能力ですよ。だからガヌーからしたら、序盤にペースを握れるかどうかが勝負ですね。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧