【UFC277】“史上最大の番狂わせ”からのリベンジなるか!?世界のTK「どれだけ戦略を練ってくるかが、一つの鍵になる」

タグ: , , , , , 2022/7/27

(写真左より)ジュリアナ・ペーニャ、アマンダ・ヌネス、ブランドン・モレノ、カイ・カラ・フランス/Getty Images

 日本時間の7月31日(日)、アメリカ・テキサス州ダラスのアメリカン・エアラインズ・センターで『UFC277』が開催される。

 メインイベントは、王者ジュリアナ・ペーニャが前王者の挑戦者アマンダ・ヌネスを迎え撃つ女子バンタム級タイトルマッチ。さらにブランドン・モレノvsカイ・カラ・フランスのフライ級暫定王座決定戦も組まれている。この2試合の見どころを“世界のTK”髙坂剛に語ってもらった。

【RIZIN.37】約5年ぶりの女子GP開催に前回覇者・浅倉カンナが弱気発言 「正直、まだ自信がなくて。試合までに完成させてと思っています」

“強いヌネス”から“うまいヌネス”になれるかどうか

アマンダ・ヌネス/Getty Images

——『UFC277』のメインは、ジュリアナ・ペーニャvsアマンダ・ヌネスの女子バンタム級タイトルマッチ。前回“UFC史上最大の番狂わせ”と言われ、最強女王ヌネスが敗れた一戦のダイレクトリマッチとなりますね。
「そうですね。ここ2年ぐらいのヌネスは、負ける姿が想像できないくらい圧倒的な強さを見せていましたから、そのヌネスが完敗を喫するっていうのは、本当に驚きでした」

――ロンダ・ラウジー、クリス・サイボーグ、ホーリー・ホルムをKOしていうるヌネスが打撃で打ち負けて、最後は裸絞めで一本負けでした。
「ジュリアナ・ペーニャは非常にいいジャブを持ってるんですよね。だから、そのジャブを軸に戦う戦略をしっかり立てていて、そこにヌネスがハマってしまった感じでした。
 また基本的に、これまでの対戦相手はヌネスのプレッシャーに尻込みしていた部分があると思うんですよ。それによって打撃を出してもいまいち踏み込みが足りなかったり、同じタイミングでパンチを出していたとしても、ヌネスが打ち勝っているシーンばかりでした。ですが、ペーニャはまったく臆することなくジャブを差していって、ペースを握っていった。それができたのは、やはりそれなりの理由があったと思います」

――どんな理由が考えられますか?
「まず1ラウンドの後半はヌネスが得意のグラウンドで攻めていってたんですけど、ペーニャは慌てず対処していて、その時にある程度の感触をつかんだんじゃないかと思うんですね。だからこそ、2ラウンド早々にヌネスがプレッシャーをかけて前に出たところに、しっかり踏み込んでカウンターのジャブで逆に顔面を捕らえた。この二つがペーニャにとって、すごく大きかったと思います」

――自分の中で突破口を見出すことができた、と。
「試合前は、おそらくペーニャの中でもヌネスの幻想が大きくなっていたとは思うんですけど、あのジャブを差して効かせたことで、等身大のヌネスにすることができた。とはいえ、ものすごく強い選手を相手にして途中で“いける!”って気持ちに切り替えられるのは、ペーニャがしっかり準備してきたのはもちろんですけど、相当なメンタルの強さがないと無理。だからペーニャは技術とメンタルを兼ね揃えているなと思いましたね」

——2ラウンド早々にペーニャがジャブを当ててから、ヌネスが焦りだして打撃も少し雑になったようにも見えました。
「ヌネスって、ちょっとまずい状況になるとパンチがフック気味になるんですよ。そしてペーニャの方は、ジャブとストレートが非常にうまいし、フックよりストレートのほうが早く当たるので、ことごとくヌネスのパンチが空を切り、ペーニャのパンチだけがヒットする、ということが起きた。
またヌネスは長いことパンチを効かされて劣勢になることがなかったので、それだけに焦りが生まれたのだろうし、しっかり踏み込む強打の持ち主だからこそ、カウンターがよけいに効いてしまうんですよね。そういったいろんな要素が複雑に作用して、一気にペーニャのペースに傾いたんだと思います」





ジュリアナ・ペーニャ/Getty Images

——では今回7カ月ぶりの再戦、ダイレクトリマッチは、どのあたりがポイントになると思いますか?
「“最強”と言われ続けてきたヌネスが敗れて挑戦する立場になって、また新たな面が出るかどうかですね。これまでの“強いヌネス”だけでなく“うまいヌネス”が出てきたら面白い。これまでのヌネスは打撃も寝技も一気に畳み掛けてドミネートするような戦い方でしたけど、打撃も強い打撃だけじゃなくて強弱をつける。倒す打撃だけじゃなく相手の勢いを止める打撃だったり、相手が前に出てきたところに、気勢を削ぐようにタックルに入ったり。そういう試合の組み立て、流れ作りをしっかりできたら、王座返り咲きが見えてくるんじゃないかと思います」

――逆に言うと、モデルチェンジなしでのリベンジは難しそうですか?
「そこを変えられないと、同じ結果になる危険性があると思うんですよ。前回は、ペーニャのジャブで劣勢に立たされたとき、“プランB”を用意できなかったことで、そのままいかれてしまった。ペーニャのジャブは、今回もかなり厄介だと思うので、倒す攻撃だけでなく、ペースを取り戻すような動き、組み立てが必要になってくる。だからヌネスはどれだけ戦略、試合の組み立てを練ってくるかが一つの鍵になるでしょうね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧