【UFC279】11戦全勝の最強ファイターvs最強の悪童”が激突!「新しいチマエフを出さないとディアスには勝てないと思う」

タグ: , , , , , 2022/9/8

(写真左より)ハムザト・チマエフ、ネート・ディアス/Getty Images

 日本時間の9月11日(日)、アメリカ・ネバダ州ラスベガスのT―モバイル・アリーナで『UFC279』が開催される。

 メインイベントは、MMA11戦全勝、UFCでも5連勝中の超新星ハムザト・チマエフが、コナー・マクレガーとの2度にわたる激闘で知られる“悪童”ネート・ディアスと対戦する。この注目の一戦の見どころを“世界のTK”髙坂剛に語ってもらった。

【関連記事】「もし当日計量がなければ天心×武尊の結果は変わったのか?」天心の兄弟子・白鳥大珠が「世紀の一戦」を振り返る

ハムザト・チマエフ/Getty Images

――『UFC279』メインイベントは、ハムザト・チマエフvsネート・ディアスという大注目のウェルター級マッチが組まれました。
「もともとチマエフvsネートは注目されていたカードでしたけど、先月の『UFC278』で行われたウェルター級タイトルマッチで、王者カマル・ウスマンが敗れてレオン・エドワーズが新王者となったことで、この試合の意味がより深くなった気がしますね」

――絶対王者ウスマンの独走体勢が続いていたウェルター級が、一気に戦国時代に突入した感もあります。
「ここでチマエフが勝てばタイトルマッチが見えてくるし、ネートの方も新王者エドワーズとは因縁がありますから」

――ネートは2021年6月の『UFC263』でエドワーズと対戦し、判定で敗れたものの5ラウンドにあわや逆転KO勝ちというシーンを作りましたしね。チマエフも2020年にエドワーズ戦が組まれながら、両選手の新型コロナウイルス陽性などもあり3度試合が流れて結局中止になった経緯があります。
「だからチマエフもネートも新王者エドワーズという存在を意識しながらの一戦になると思うんですよ。とくにネートは、これがUFCとの契約最終試合で、この一戦を最後にオクタゴンを去るんじゃないか、なんて言われてますけど。ここでチマエフに勝ったら、“1試合だけエドワーズとタイトル戦やらせろ”とか言い出しかねない(笑)」

――莫大なファイトマネーで1試合契約を迫ることも考えられますね(笑)。
「そういった裏事情も含めてさらに深みが増したな、と思います」

――試合展開自体についてはどうみていますか?
「両者の特性を考えると、まず“スタミナ抜群のネート・ディアス”ということが挙げられますよね。それを前提にUFCでのチマエフの試合をあらためて見返すと、やはり前回のギルバート・バーンズ戦がすごく引っかかるんですよ」

――これまで全試合1、2ラウンドで圧勝してきたチマエフが初めて判定に持ち込まれ、2ラウンドは落とすなど、僅差の激闘になりました。
「あの試合でチマエフは、スタミナの点で若干難ありというところをちょっと露呈しちゃった感があるんですよね。これまでは秒殺に近い試合時間で勝てていたので、1ラウンドから出力全開でいっても問題なかったけれど、やはりトップランカーのバーンズは、そのチマエフの猛攻を凌いだじゃないですか」





――バーンズは1ラウンドにダウンを喫したもののそれを凌いで、2ラウンドは逆にパンチラッシュで圧倒しましたね。
「チマエフ相手にこれができたのは、それまで誰もいなかったんですよ。それで1ラウンドにフィジカルを使いすぎたチマエフは、2ラウンドに崩れてきた。パンチの空振りが目立ち出して、空振りから体勢を戻すのって疲れるので、負のスパイラルに入ってしまった。だから、これまで圧倒的な強さを見せてきたチマエフが、バーンズ戦では自分のペースが崩れた時の脆さを露呈してしまったというのが自分の見方ですね」

――ただ、バーンズも消耗した3ラウンドに再び反撃して、そこから判定勝ちをものにしたのは、たいしたもんですよね。
「そこは彼の地力の異常な強さというか、獣(けもの)チックなところがあると思うんですよ。3ラウンド目にバーンズが残りのフィジカルを振り絞ってタックルにいったとき、チマエフはそれを体のいなしだけで切ったシーンがあった。ああいう動きはすごく感覚的なもので、疲れていながらあれができるというのは、その動きが体に染み付いているか、本能的なものなんですよ。だからチマエフは、今のUFCトップレベルの選手が持っている洗練された総合力はまだ持ちあわせ手いないけれど、天性、野生の格闘技の才能があまりにも強すぎるために、早くもトップクラスに届いてしまった状態なんじゃないかと、バーンズ戦を観て思いましたね」

――まだ荒削りであるにもかかわらず、才能がありすぎてトップランカーに勝ててしまった、と。
「そうですね。UFCのトップファイターはみんな、プランAが凌がれたとしてもプランB、プランCが用意されていて、さまざまな局面でフルラウンド戦える選手ばかりですけど、チマエフはトップクラスの実力がありながら、そういった試合作りがまだできていない、という珍しいタイプですね」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧