U18日韓対決で痛い敗北、目立った「不慣れな守備」の要因となった編成とは?

タグ: , 2019/9/7

 韓国・機張で行われているU18(18歳以下)ワールドカップで6日、「日韓対決」が行われました。

 政治的な両国間の関係悪化もあって注目されていましたが、結果は日本の逆転サヨナラ負け。延長10回に2点をリードしながら、その裏に3点を返されて天国から地獄へと落とされた日本の選手たちは、悔し泣きしている子もたくさんいました。

終始、嫌な流れ…


 先発投手は大船渡の163キロ右腕・佐々木朗希くん。世界デビュー戦でしたが、また右手指に血マメができて1回降板。任されるはずだった長いイニングを投げられず、いやーな流れで試合が進んだと思ったら、守備陣が送球エラーを連発。「接戦はミスしたほうが負ける」とはよく言われますが、終始リードしていた日本は送球ミスがことごとく失点に絡んで敗れました。

 敗因がはっきりしているにもかかわらず、胸のつっかえがとれないのは、なぜでしょう。大会を通して、選手起用や采配に「あれ?」と首をかしげるような場面が多かったからです。とくに目立つのは「不慣れな守備」です。

 韓国戦の4回ノーアウト一塁の場面で、日本の創志学園・西投手は相手バントミスのフライをわざと落とし、ランナーが戻っているので併殺プレーを狙って一塁に投げました。ところがファーストは一塁ベースを踏んだ後に、ベース上にいた走者にタッチしてセーフ。ランナーにタッチしてからベースを踏めば、併殺打となるはずでした。

・合わせて読みたい→
高校野球U-18「韓国人から脅かされたり…」と質問した韓国記者、会見場から一発退場(https://cocokara-next.com/stress/korean-reporter-leave-the-conference-hall/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧