「最高の試合だ」日本の大金星に無敗を止められたブラジル・メディアも賛辞「第1セットから波乱万丈で壮絶」【女子バレー】

タグ: , 2024/6/23

試合終了直後にコート上に歓喜の輪を作った日本の面々。(C) Volleyball World

 パリ五輪に向け、自信が深まる大金星だ。

 現地時間6月22日、女子バレーボールのネーションズリーグ(VNL)は、タイ・バンコクで準決勝を開催。日本代表(世界ランク7位)は、来るパリ五輪の1次リーグで同組になったブラジル代表(同1位)と激突し、セットカウント3-2(26-24、20-25、25-21、22-25、15-12)で勝利。同大会では史上初のメダルを確定させた。

【動画】歴史を変えた大熱戦! 日本が世界1位のブラジルを撃破した瞬間





 まさに手に汗握る神経戦を制した。第1セットをデュースの末に26-24で取りきり、幸先のいいスタートを切った日本は第2セットを奪われるも、第3セットは日本が勝負どころで和田由紀子の鋭いスパイクや宮部藍梨のブロックでブラジルを引き離すし、25-21で奪取。王手をかけて迎えた第4セットだったが、アウトサイドヒッターのガビを中心とした相手の猛攻を前に苦戦。22-22までもつれるも逃げ切られてしまう。

 精神的に飲み込まれかねない展開となっても、この日の日本は「攻めよう」(古賀紗理那の試合後談)とブラジルに臆せず対峙した。そして勝負の第5セットは石川真佑や古賀紗理那のアタックポイントなどでいきなり4点を連取。一時9-9まで追いつかれたものの、なんとか接戦を抜け出すと、最後は石川真佑のアタックがブロックアウトとなって快哉を叫んだ。

 この攻防戦に真夜中だった列島も沸いた。一方でショックを拭いきれないのは、予選ラウンドから全勝で勝ち上がってきたブラジルだ。試合後には20歳の若き大砲アナ・クリスティーナがベンチで涙するなど、選手たちは悔しさを隠そうとはしなかった。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧