「力の差がありすぎた」日本に打ちのめされた韓国 “黄金世代”が去ってからの凋落に嘆きの声「もはやライバルでもない」【女子バレー】

タグ: , 2024/6/13

日本に粘りを見せながらも結果的に完敗を喫した韓国。この敗戦でパリ五輪からもまた一歩後退した。(C)Getty Images

 文字通りの完勝を収めた「火の鳥NIPPON」にライバルも脱帽だ。

 6月12日に行われた女子バレーボール・ネーションズリーグの1次ラウンド第9戦で、日本代表(世界ランキング6位)は韓国代表(同39位)と戦い、セットカウント3-0(25-16、25-16、25-23)のストレート勝ち。これで通算成績を7勝2敗とし、ランキングポイントは「+1.01」を加えて330.63ポイント。7位・中国との差を試合前の「0.07」から「1.08」に広げた。

【動画】韓国を寄せ付けない快勝!日本女子バレーの熱戦を見る





 力強い快勝劇だった。第1、2セットは25-16と連取した日本は、勝負の第3セットも一時3点のリードをつけられながらも、終盤に入ってから畳みかけ、終わってみればストレート勝ち。試合終了直後にはコートの中央で選手たちの笑顔が弾けた。

 一方で停滞ムードが漂う形となったのは、4位に入った東京五輪以降、低迷が続く韓国だ。粘りも空しく喫した日本戦の敗北で5連敗。この結果には、母国メディアからも辛辣な言葉が並んだ。

 韓国のスポーツ・メディア『OSEN』は、「フェルナンド・モラレス監督率いる韓国女子バレーボール代表は文句なしの完敗だった」と肩を落とし、「世界ランク39位の韓国は、6位の日本のホームで手も足も出なかった。もはやライバルにすらなり切れなかったのだ。ネーションズリーグ30連敗という深い泥沼からは抜け出したが、今大会の通算成績は1勝8敗に過ぎない」と競争力の低下を嘆いた。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧