波紋を呼んだ試合から一変した日本の“本領” 敗れた敵戦士も苦戦認める「どう返せばいいか分からなかった」【男子バレー】

タグ: , , 2024/6/9

高橋や石川など主力を多用して地力を発揮した日本。(C)Getty Images

 鍛え上げてきた地力を発揮した。6月8日、男子バレーボールの「ネーションズリーグ(VNL)」予選ラウンド第2週最終戦が北九州市の西日本総合展示場で行なわれ、日本代表(世界ランク5位)は、今大会6戦全勝のスロベニア代表(同6位)にセットカウント3-1(25-23、19-25、26-24、25-21)で勝利した。

【動画】異例のリベロ同時期用! 日本がポーランド戦で見せた奇策シーン





 今大会ここまで負け知らずの東欧の雄を危なげなく退けた。過密日程と戦力の底上げを図って控え組を中心に挑んだ前日のポーランド戦とは打って変わり、石川祐希、高橋藍、西田有志らをスタメンに起用した日本は、序盤から主導権を掌握。第1セットを先取して迎えた第2セットこそ落としたものの、第3、4セットを連取して勝負を決めた。

 主力を温存したために一部で批判も受けたポーランド戦から一変した日本。しっかりと地力を見せつけての勝利には、スロベニアの地元メディアからも称賛の言葉を送られた。

 ニュースサイト『24ur』は「我々のチームにはチャンスはあった。それでも素早く、リズミカルで、常に狡猾だった相手のレベルに達していなかった」とリポート。「日本人はあらゆるミスを付け込む術を知っていた」と抜け目のない試合運びを見せた日本を称えた。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧