波紋を呼んだ世界ランク1位への“腕試し” 完敗の日本にポーランド紙は疑念「我々は煙幕を巻かれたのかも」【男子バレー】

タグ: , , 2024/6/8

石川や高橋といった主力を温存した日本。ゆえに強豪ポーランドに対する敗戦は小さくない話題となった。(C)Getty Images

 さらなる高みを目指した采配が一部で波紋を呼んだ。

 6月7日、男子バレーボールの「ネーションズリーグ(VNL)」は予選ラウンド第2週の第3戦を開催。世界ランク4位の日本代表は同1位のポーランド代表と対戦し、0-3(17-25、15-25、20-25)のストレート負けを喫した。

【動画】異例のリベロ同時期用! 日本がポーランド戦で見せた奇策シーン





 結果的に福岡ラウンド初黒星を喫し、大会通算成績を5勝2敗とした日本。しかし、この試合ではフィリップ・ブラン監督が大胆な策を講じていた。というのも、チームの底上げと競争力の強化を狙った指揮官は、石川祐希、高橋藍、西田有志ら主力メンバーを温存。福岡ラウンドで出場機会の少なかった宮浦健人、甲斐優斗、富田将馬、バデダン・ラリーら若手を起用した。

 すでに五輪出場権を獲得しているからこその采配ではある。しかし、格上との差は歴然で、世界随一のパワーで圧倒された日本は成す術なく敗戦。試合後には一部のファンから「捨て試合を見させられて、観客が可哀想」「なんで負けているのに主力を出さないの?」といった意見が殺到した。

 主力温存以外にも、試合前に石川がリベロのユニホーム姿を見せたほか、第2セット終盤にはリベロ登録の山本智大を投入し、“最強リベロ”小川智大との同時プレーを採用するなど、話題になるシーンも多く見られた日本。とにかく試せる戦術を全て試した感があるチームには、相手も小さくない違和感を抱いたようだ。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧