「国際大会では絶対必要」侍ジャパン 勝利の鍵を握るとされる「投手の名前」

タグ: , , , , , , 2023/1/13

(C)Getty Images

 今年3月に控える第5回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の最終メンバーに注目が高まっている。

 すでに大谷(エンゼルス)、ダルビッシュ(パドレス)、鈴木(カブス)などの現役メジャーリーガーを含む先行メンバー12名が発表されている。投手陣ではNPBから山本オリックス)、佐々木朗ロッテ)、戸郷巨人)、今永(DeNA)などが先行メンバーに含まれる中、最終メンバ―入りするのは果たしてどの選手となるのか、様々な視点から意見が出ている。

【関連記事】原巨人 ブリンソン獲得で追い込まれる「選手の名前」





 巨人、メジャーでも活躍した高橋尚成氏は11日に更新された自身のYouTubeチャンネル「高橋尚成のHISAちゃん」の中で、侍ジャパンの投手陣について言及。先日行われた栗山監督の会見の様子も見たという高橋氏は「世界一をどうしても獲らないといけないという使命を感じた会見だった」と話した。

 その上で投手陣については「各ピッチャーの能力が高いから色々な使い方ができるのではないか」と期待を寄せ、現在候補としてあがっている投手の中では青柳阪神)に関して「右のサイドスロー気味のピッチャーも必要」と、特に国際大会では変則的な投手は有効という見解を示した。

 さらに短期決戦や外国人打者に有利な投手の特徴を聞かれた高橋氏は、メジャーリーガー相手などでは力と力のぶつかり合いでは厳しいとした上で、日本人選手の特性を生かした「低めの変化球の制球力」「高低を使えるか」「左右でゆさぶれるか」などの条件をあげた。

 そして高橋氏が推す青柳といえば、昨季も13勝4敗、防御率2・05の抜群の安定感を誇り、最多勝、最優秀防御率、最高勝率、ベストナインのタイトルを獲得するなど阪神が誇るエース投手でもある。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧