【WBC】全員150キロ超のスピード侍!技巧派排除し「奪三振能力」高い15人選出!

タグ: , , , , , 2023/1/26

(C)Getty Images

 3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパンの全30人が発表された。栗山英樹監督が人脈をフル活用し、現役メジャーリーガーは過去最多5人が招集された。特徴が出たのは投手陣。選ばれた15人全員が最速150キロ超の剛腕がそろった。

【関連記事】【WBC】元首位打者が選んだ侍ジャパンの「最強オーダー」は?鍵となるのはあの選手





【侍ジャパン投手陣の最高球速】

165キロ 大谷翔平(エンゼルス)
164キロ 佐々木朗希ロッテ
159キロ ダルビッシュ有(パドレス)
159キロ 山本由伸オリックス
159キロ 宇田川優希(オリックス)
159キロ 大勢巨人
158キロ 高橋宏斗中日)
156キロ 湯浅京己阪神
155キロ 栗林良吏(広島)
155キロ 高橋奎二(ヤクルト)
155キロ 伊藤大海日本ハム
154キロ 松井裕樹(楽天)
154キロ 宮城大弥(オリックス)
154キロ 戸郷翔征(巨人)
153キロ 今永昇太DeNA

 大谷、佐々木朗を筆頭に全員が150キロ超のスピードボーラーで、スプリットやスライダーなどの決め球もあわせ持つ、奪三振能力の高いメンバーがズラリと並んだ。

 栗山監督は会見で「大前提として日本の特徴である投手の力を借りて勝つ」と投手力に自信を持っており、選考基準について「強いボールを投げる投手を選んだ。ワンポイントもないので、特殊な投手の枠が必要なくなった」と説明した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧