国民栄誉賞を辞退した3人は?理由は「立ちションもできなくなる…」

タグ: , 2019/4/5

「人生の幕を下ろした時にいただけるよう励みます」


 現役引退した元マリナーズ外野手のイチローが国民栄誉賞の打診を辞退していたことが分かった。菅義偉官房長官が5日の会見で明かした。

 代理人を通じて内々に打診したところ「人生の幕を下ろした時にいただけるよう励みます」との回答があったという。これを受け授賞を見送ることとなった。

 イチローの国民栄誉賞辞退は3度目。これまで2001、2004年の2度、やはり内々に授賞の打診があった。

 2001年はマリナーズに移籍したメジャー元年。前例のない日本人野手として挑戦し、新人王、リーグMVP、最多安打、首位打者、盗塁王とタイトルを総なめにした。

 2004年は選手個人として最高の輝きを放ったシーズンだった。ジョージ・シスラーのシーズン最多安打記録を84年ぶりに更新し、前人未踏の262安打を放っていた。

 国民栄誉賞は1977年に誕生した。王貞治が、ハンク・アーロンを抜き本塁打の世界記録を樹立。当時の「内閣総理大臣顕彰」においてプロスポーツ選手は対象外であったため、王を称えるための新たな賞として制定された。

 その目的は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を称えること」と規定されている。そして誕生の経緯から、スポーツにおいて大きな功績を残した選手、団体への授与が目立つ。

・合わせて読みたい→
岩村明憲「イチローさんは野球の神様に一番近付けた人」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/ichiro-god-of-baseball/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧