「ウィンブルドンテニス」第8シードで臨む錦織圭に大会直前インタビュー

タグ: , , 2019/7/2

 イギリス・ロンドンで開幕したグランドスラム(四大大会)第3戦の「ウィンブルドンテニス」。

大会第2日には、第8シードとして男子シングルス1回戦に臨む錦織圭が登場。ブラジルのチアゴ・モンテーロと対戦する錦織圭が意気込みを語った。

(c)Getty Images

・合わせて読みたい→
伊達公子が語る、胸のカップ↓で世界ランク↑した執念のテニス選手(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kimikodate-tenacity/)


Q:20代最後のウィンブルドンということに関して、どのような思いがありますか。

「例年通り1試合ずつ戦うだけなので、20代最後だからということは特にないです。去年ベスト8で、特に芝での感触が良かったので、それをしっかり思い出してというか、自信をもって望めればチャンスはあるかなと思います。」

Q:ウィンブルドンの芝の違いはありますか?

「他の会場はちょっとムラがあったりするんですが、ここは整っているというか、きれいですね。。ハレは特にブロックを埋めているので、その隙間があったりするんですけれど、ここはもちろんそれはないですし、凄いフワフワだなと今日打っていて感じましたね。
そのフワフワ感がある分ちょっと遅いので、ラリーはより続くかなと思います。ここもそうですし、アオランギも若干速いので、ちょっと違いがありますね。
やりやすいか、やりやすくないかは分からないですけれど、とにかく今のところはきれいなので、バウンドもしっかりであまりイレギュラーがなく、そこら辺はやりやすいのかなと思います。」

Q:ローランギャロスでは、ハンドストロークがいい感覚で打てていたようですが、その感覚を芝のウィンブルドンにも持ち込めそうですか?

「そうですね、今のところ、ストロークはすごく調子がいいです。練習もそうですし、先日のエキシビジョンでも、ストロークの感覚が凄く良かったので。焦りすぎず、それでも攻撃的にプレーしなくてはいけないので、そこのメリハリもしっかり出来ていたと思いますし、ボールがしっかり飛んでくれたと思うので、調子はいいかなと思います。」

Q:今までハレでケガをすることが多かったということを踏まえると、エキシビジョンと練習で芝に挑戦するというのは、自分の中でやりやすいというか、いいところもあるんじゃないかなと思うのですが、いかがですか?

「ハレに出ないと決めた時はすごく不安がありました。痛くても出た方がいいかなという気持ちの方が強かったので、結構チームと相談したり、選択に時間はかかりましたけど、いざ、出場なしで来てもそんなにプレーは悪くないです。
休めた分、今回はちょっと傷みがすごくあったので、無理は出来ないというのが前提ではありましたけど、意外と出場がなくても、大丈夫そうだなというのはありました。
ヨーロッパでのモンテカルロからの疲れがかなり溜まっていたと思うので、この2週間でリフレッシュできて、準備としては問題なく、意外と出来ているなというのが印象です。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧