「ウィンブルドンテニス」いよいよ本日開幕!第1試合男子シングルス1回戦に臨む西岡良仁に大会直前インタビュー

タグ: , , 2019/7/1

 イギリス・ロンドンで行われるグランドスラム(四大大会)第3戦のウィンブルドンテニスが、いよいよ本日開幕する。

サーフェスは、グランドスラム唯一の芝で、球足が速くバウンドが低い。そのためサーブやネットプレー等、短い展開で勝負できるかが重要なポイントとなる。

男子シングルス1回戦でセルビアのヤンコ・ティプサレビッチと対戦する西岡良仁にインタビューを行った。

(c)Getty Images

・合わせて読みたい→
伊達公子が語る、胸のカップ↓で世界ランク↑した執念のテニス選手(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/kimikodate-tenacity/)


Q:まずは、1年ぶりにここに戻ってきて、そして芝での練習、今の気持ちはコンディション含めていかがですか?

「前哨戦に出られてないので、まだ芝に慣れきっていないと思います。自分のプレースタイル的にも得意ではないですけれども、しっかりとこういう速いコート、自分にも難しいかなと思うコートにしっかりと対応していければ、プレーの幅も広がっていくと思っています。
この芝の速い展開のコートで、自分の課題である守るだけじゃなく自らが攻めていって、アグレッシブにプレーしていくということを、取り組もうとしている時なので、こういう速いコートでしっかりとそれが出来れば、勝ちにもつながってくると思います。今後においても重要な一戦になってくるかと思います。」

Q:全仏オープンのクレーから芝に向けて、前哨戦に出なかったということで、クレーから芝への対応の難しさはあるのか、そして、この時間をどう有効的に使われたのかを、教えてください。

「日本ではずっとハードコートで練習していたので、クレーの感覚はもうないです。クレーコートシーズンが終わって、少し休んで、気持ち的にもリラックスをして。全仏では手首があまりよくなかったので、その影響で長期的に休みを取ろうということで、前哨戦までスキップしました。
その間に日本でしっかりと体を作って、ウィンブルドンはもちろんそうですけれど、終わればアメリカシーズンがくるので、これから9月までの長いシーズンに向けて、3週間~3週間半くらいトレーニングをしっかりして、身体を作るという方に目線を向けてやっていたので、身体の状態は良くなっていると思います。」

Q:1回戦の相手はヤンコ・ティプサレビッチです。印象はどうですか?

「やったことはないと思うので、正直イメージしづらいですし、特にこの芝のコートでは、さらにイメージしづらいです。すごいビッグサーバーだったり、1発のショットで決めてくる選手ではないと思うので、多分ラリー戦になってくると思います。
お互いベースライン上のプレーで、どうやってポイントを確保していくかになってくるはずなので、早いサービスでの展開力が、1つ重要になってくるかなと。いかに自分が集中して、少ないチャンスをもぎ取っていけるか、それが大事かなと思います。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧