日本のストレート勝ちに「惨敗だ」 主力&監督不在の異例構成で挑んだ中国に母国メディアが辛辣意見「アジア最高ではない」【女子バレー】

タグ: , 2024/6/21

中国に快勝を収め、3大会ぶりのベスト4進出を決めた日本。(C)Getty Images

 日本がアジアの強敵をふたたび打ち破った。

 現地時間6月20日、バレーボール・ネーションズリーグ(VNL)は、タイの首都バンコクで女子ファイナルラウンドの準々決勝が開催。世界6位の中国と対戦した同7位の日本は、セットカウント3-0でストレート勝ちを収め、3大会ぶりの準決勝進出を決めた。

【動画】中国を寄せ付けなかった脅威の粘り! 日本の圧巻バレーをチェック





 負ければ終わりのファイナルラウンドで勝負強さが際立った。パリ五輪を見据えた戦力強化を図るべく主力組を国内調整に当て、若手中心で挑んだ中国に対して、セッターに岩崎こよみ、アウトサイドヒッターに古賀紗理那、石川真佑、林琴奈ら不動のメンバーで臨んだ日本は、20-20までもつれこんだ第1セットをもぎ取ると、第2セットも25-21で連取。これで勢いに乗ると第3セットも25-22で振り切った。

 チームは控え組と若手中心、さらには蔡斌監督も国内待機という異例の構成で挑んだ中国。しかしながら、日本の洗練された守備とスピード感のある攻撃が印象付けられた一戦には、母国メディアも厳しい評価を下す。

 スポーツ専門メディア『捜狐』は、「惨敗である。中国は主力をタイに派遣しなかったが、我々は日本を倒すことができることを信じていた」と指摘。試合を通して精彩を欠いた張長寧を「スパイクは非効率的で、チームの士気は下がった」と糾弾した。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧