スター選手の入団でチームメイトはどう思う?金村義明が8球団競合の野茂英雄ドラフト入団時を語る

タグ: , , , , 2020/10/30

 10月26日に行われたドラフト会議。近大・佐藤輝明選手は4球団競合の末に阪神が、早大・早川隆久も4球団競合の末に楽天が交渉権を獲得した。

・今すぐ読みたい→
【プロ野球ドラフト】 日本ハムが「ユーチューバー」を1位指名 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/draft-youtuber/






過去56回のドラフトにおいて、1989年のドラフト会議で史上最多タイの8球団から1位指名を受けたのが、近鉄やMLBで活躍した野茂英雄さん。

そんな野茂さんと近鉄バファローズで共に戦った元プロ野球選手の金村義明さんが、元フジテレビアナウンサーでスポーツアンカーの田中大貴さんが様々なスポーツ選手・解説者等を迎えてトークを広げるYouTube動画の「田中大貴のアスリートチャンネル」にゲスト出演。日米でトルネード旋風を巻き起こした野茂さんについて、入団時の経緯や人柄について語った。


1988年のソウルオリンピックで日本代表の銀メダル獲得に貢献するなど、アマチュアNo.1投手として注目されていた野茂さん。8球団競合の末に仰木彬監督(当時)がクジを引き当て近鉄に入団した。

「優勝した次の年に入団やったから、仰木さんはずっと『ラッキーやった』って言っていた。(クジを引く順番が最後で)残っていたのが野茂だから。7人外しているわけだから、選ぶん違う。(仰木さんは)個性を潰さない。あんな投げ方していたら解説者の人はみんなアカンと言っていた。(ランナーに)走られまくるし」と、名将・仰木監督の強運と個性を生かす指導法を振り返った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧