巨人・丸に「いよいよか」の声 二軍落ちした中田、陽の仲間入りも

タグ: , , 2021/9/13

 巨人・丸佳浩外野手(32)の不振が深刻だ。引き分けに持ち込んだ9日のDeNA戦(横浜スタジアム)では、9回に26打席ぶりの安打を放ち、これが適時打となり、目にうっすらと涙を浮かべる場面もあった。ただ翌10日の中日戦(東京ドーム)で「6番・中堅」としてスタメン復帰するも、4打数無安打に終わるなど調子は上向かず、途中出場が続いている。

・今すぐ読みたい→
巨人・丸は「第2の村田」となるのか、思い起こされる「神宮事件」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshihiromaru-shuichimurata/

●9/15(水)西武vs日本ハム戦 日本ハム・西武のレジェンド「西崎幸広」さんとオンライン酒飲み観戦!
●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 一方、チームも積極的に「血の入れかえ」を行っている。

 陽岱鋼外野手(34)は12日に行われたチームの広島遠征に帯同せず二軍落ちとなった。陽は先月28日に今季初めて1軍登録され、ここまで7試合に出場して7打数1安打、打率1割4分3厘。10日の中日戦(東京D)では「1番・右翼」でスタメン出場して左腕エースの大野雄から自身の今季初安打を放っていたが、わずか7試合での降格にはSNS上で陽のファンから悲鳴も上がった。その前日には打撃不振から中田翔内野手(32)も二軍落ちしていた。

 そんな中で不振の丸にも注目が集まっている。12日の広島戦、BS朝日で解説を務めた広島OBの前田智徳氏も現在の丸の状態について「大変悪いですね」とバッサリ。その理由について「同じボールを同じように空振りしている。これは良くないです」とこの前日、11日の中日戦で又吉のスライダーに対して反応できなかったことを挙げた。

 さらには丸に「1度、二軍に落としたほうがいいかもしれない」(球界OB)という声も上がり始めた。

 優勝争いがし烈になる中、主力として期待する丸の復調を首脳陣も粘り強く待っているが、兆しが見られないとあって、二軍落ちを勧める声だ。





 これには理由もある。「丸の現在の不振はうまくタイミングを取れないことにある。(不調で)ボールをよく見ようとするあまりに、打撃で大事な『間』がなくなってしまっている。必然的にタイミングが取れなくなっていて、すべての球に反応してしまっている」(同)。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧