巨人・小林誠司2年ぶりのホームラン!スガコバ復活 実った「夫婦愛」とは

タグ: , , , 2021/9/13

 値千金の一発だ。巨人・小林誠司捕手(32)が12日の広島戦(マツダスタジアム)の7回に勝ち越しの1号ソロを放ち、試合を決めた。この日は中4日の登板となったエース・菅野を粘り強くリードし、7回を投げ1失点と攻守にわたっての活躍でチームの連敗も6でストップ。崖っぷちのチームを救った。

・今すぐ読みたい→
巨人・丸は「第2の村田」となるのか、思い起こされる「神宮事件」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshihiromaru-shuichimurata/

●9/15(水)西武vs日本ハム戦 日本ハム・西武のレジェンド「西崎幸広」さんとオンライン酒飲み観戦!
●9/26(日)巨人vs阪神戦 巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんとオンライン酒飲み観戦!



 
 1―1で迎えた7回二死、相手先発・床田のスライダーを捉え、マツダスタジアム左翼二階席へアーチをかけた。小林にとっては19年7月4日の中日戦(東京ドーム)以来の一発。広島・広陵高校出身、第二のふるさとで放った特大の一発にヒーローインタビューに立った小林は「僕なんでファウルになるかなと思ったんですけど」と自虐コメントを残しつつも、「広島の地なんで入ってくれました!」と続けて、巨人ばかりか広島ファンも沸かせた。

 ここ最近は打率1割台と長年バッティングを課題としていた小林のまさかの一発には原監督も試合後は目をこするしぐさを見せながら、「いや疑ったんじゃなくて!(笑)。『えー』じゃないな、『オッ』という感じで。バッティングは悪くないんですよ、このところ」とユーモア交じりにこの日のヒーローをたたえた。





 一方、小林にとっては本業ともいえる捕手としても結果を残した。エース・菅野とバッテリーを組み、2回には相手4番の鈴木誠に一発を浴びたが、それ以降は丁寧に投げさせ、点を与えなかった。最近の試合は「スガコバ」コンビが固定とはいかなくなっている中、リード面、課題とされた打撃でも存在感を発揮、今後のコンビ継続に希望を持たせた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧