ミスターファイターズが中田翔を語る「今思うことは・・・」

タグ: , , , 2021/9/6

 同僚ナインへの暴力行為を起こした中田翔内野手(32)が日本ハムから巨人に電撃移籍を果たしてから、約2週間が経過した。今だ逆風吹く中、「巨人・中田」として新天地で戦っている中田について、ミスターファイターズこと日本ハムOBの田中幸雄氏がその思いを明かした。背番号「6」の継承者でもあり、特別な思いを持って成長を見続けてきたという中田について、今思うこととは―。


 
 今回の事件に関しては田中氏は開口一番「残念ですね」とぽつり。続けて「正直、6番がいなくなってしまって、中田がいなくなって、ショック、寂しさはあります。残念だなと思います」と慎重に言葉を継いだ。

 中田は先月4日に函館で行われたエキシビジョンマッチ前にベンチ裏でチームメート1人に対し暴行。球団から1、2軍の全試合の出場停止処分を科されたが、その後20日に無償トレードで巨人に移籍した。

 田中氏にとっても中田は特別な思いを持って、見守ってきた後輩だ。1991年から自身が07年で引退するまでつけてきた「背番号6」を引退する年に入団してきた、中田が翌年から引き継いだ。田中氏は現役生活22年をファイターズ一筋、07年には2000本安打も達成とチームの顔として日本ハムの「背番号6」は認識されてきた。その重みから当初は永久欠番もささやかれたが、球団は新入団の中田に「チームの顔」として成長することをねがって、つけさせた。田中氏も中田の素質、才能をかねてから高く評価、苦しみながらも4番の座を守ってきた姿をかいま見てきたという。

・今すぐ読みたい→
中田、万波問題に日ハム謝罪も「これで終わり?」の声、ファン離れは止まるか? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/fighters-apology/






 一方で中田が起こしてしまった同僚への暴力行為については厳しい目を向ける。「彼がやったことは、今の世の中では通用しないこと。昔だったら(許される)ともいわれますが、今はコンプライアンスの問題でそういったこと(暴力行為)は絶対にしてはいけないということもある」とキッパリ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧