苦境の日本ハム・中田にあのレジェンドOBが金言エール! 『長い野球人生・・・』

タグ: , , , 2021/6/30

 日本ハム・中田翔内野手(32)が苦しいシーズンを送っている。今季は開幕直後から不振に悩まされた。4月7日のソフトバンク戦では5回の三振後にベンチでバットを叩きつけると、ベンチ裏で転倒。右目付近をはらした姿が大きく報じられたことも。その後も打撃の調子は上がらず、5月17日に「このままではチームに迷惑がかかる」と自ら申し出て登録抹消となった。

・今すぐ読みたい→
鎌ケ谷にまで出没! 不振な日本ハム・中田を気にかけるあの『スーパーアイドル』とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shonakata-super-idol/



 ファーム調整を経て、6月4日に再昇格。気持ちを新たに復活を誓ったが、復帰後4戦目となる8日の阪神戦の3回に内野ゴロを打った直後、一塁へ向かう際に痛みを訴えてグラウンドへ倒れこんだ。急性腰痛で翌9日に再び登録抹消となったのだ。

 栗山監督は中田に関して「もう全然だな」と復帰のメドが立たないと明かす。まだ二軍戦にも出場しておらず得点数、本塁打数ともにリーグワーストと最下位に苦しむチームには一日も早い主砲の復活が望まれているが、なかなか明るい兆しは見えない。

 本人にとっても前半戦だけで不振と故障による2度の登録抹消というのは、プロ野球人生でもなかったもの。一方、こんな厳しいシーズンを送る中田について「ミスター・ファイターズ」ことレジェンドOBの田中幸雄氏はこう語る。

 「少し心配ですね。長くやっているとそういう年もあってしょうがないのかなと。僕はそういう優しい目で見てしまうんですが。結果を残してきている選手ですから。3年連続100打点以上あげるというのは相当なこと。そういうことを成し遂げてきている選手ですから」





 今季はベンチ裏で転んで目をはらしたり、何かとお騒がせな部分がクローズアップされてきた。それでもここまで、3年連続100打点以上(2014~16)をマークするなど、チームを支える主砲としての重責を担ってきたことを評価する。豪快な外見とは裏腹にナイーブな性格も知られるだけに、度重なる苦境に心が折れてしまわないかと心配しているのだ。今後、中田はどのような道を歩めばいいのか。その点についても田中氏はこうアドバイスを送る。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧