巨人・スモークだけではない コロナ禍で家族が来日できず、やむなく退団を決めた外国人選手たち

タグ: , , 2021/6/24

 巨人のジャスティン・スモーク内野手が24日、NPBより自由契約選手として公示された。新型コロナウイルスの変異株流行などを受けて、政府は外国人の新規入国を原則的に停止している。スモークら選手は「アスリートトラック」という特例で3月下旬から来日が可能となったが、これらの特例は家族にまでは適用されなかった。家族たちのビザ発給が当面は絶望的なことから、スモーク本人が家族との時間を優先することを決断。球団との話し合いの末に、両者納得する形で退団することが決まったという。

【動画】気持ちはわかる・・・巨人・スモークが帰国を決めた理由


 メジャー通算196本塁打の強打の両打ち選手として期待を背負っていた。来日が遅れて1軍デビューは4月下旬となったが、34試合に出場して31安打の打率・272、7本塁打、14打点と上々の滑り出し。日本の野球にも適応し始めて、これからというところだった。巨人は同じく期待の新外国人野手であるエリック・テームズ外野手が、デビュー戦の守備で右アキレス腱を断裂して今季中の復帰は絶望的に。何とも手痛い両助っ人の離脱となってしまった。

 ただ、コロナ禍による外国人の離脱問題は巨人だけのものではない。

 楽天がセットアッパー候補として獲得したアダム・コンリー投手は、家族での来日を強く希望してチームになかなか合流できず。米国に残り日本の統一球を手にして調整を続けてきたが、スモーク同様に家族のビザ発給の目途が立たなかった。やはり球団との話し合いの末に、5月6日に契約解除で合意。来日することなく退団した。





 チームの1軍布陣は抑えの松井裕樹を除けば、中継ぎ投手陣に左投げがいない。貴重な救援左腕を失った影響は大きい。家族との時間を優先して米国に残ったコンリーは、その後にレイズとマイナー契約を結んだ。メジャー昇格はまだだが、傘下3Aダーラムで12試合に投げ、0勝0敗1セーブ、防御率2・51と好成績をマークしている。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧