攝津正氏が語る大谷の凄さと成長。かつての対戦を振り返り「そりゃあ二刀流になるわな」

タグ: , , , 2021/6/19

 メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平が日本時間18日にタイガース戦で「2番投手」として出場。

投手として6回1失点で勝利投手の権利を持ち降板すると、味方の大量援護もあり今季3勝目を手にした。

その大谷について、かつて日本球界時代に対戦経験がある、元福岡ソフトバンクホークスの攝津正氏が大谷の凄さ、さらには対戦した当時の印象を振り返った。

・今すぐ読みたい→
米球宴、大谷出場確実で思い起こされる過去の日本人メジャーリーガーの活躍といえば・・・ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/mlb-all-star-game/

自身が思う、大谷の成長ポイントとは


今シーズンここまで投げては3勝、打っては19HRと、これまで以上に二刀流を体現している大谷。

中でも攝津氏は、日本球界時代と比べた大谷のバッティングの進化に注目しているという。

「日本でプレーしていた頃は、緩急に脆いというか、崩しやすかった印象があります。それが、以前は足を上げていたバッティングフォームから足を狭めるように修正したことで、苦手だったところが改善されたように見ていて思います。
あとは、昔は外のカーブを追いかける感じだったところ、今はそれを逆方向に強い打球を飛ばしている。そういう点でも成長していると感じています」

プロ入り直後は二刀流挑戦に対して批判的な意見が多かったものの、大谷の活躍に比例して、その声も薄れている印象。攝津氏も、大谷の二刀流挑戦に関して、こう感じているという。





「当初はそれまで二刀流でプレーをする選手がいなかったので、本当にできるのかと思いましたし、同時に怪我をするのではないかという心配もしていました。
でも、これまで肘の怪我はあったものの、ここまでやれているのは見事ですよね。小さい頃から投打共におこなっていたと思いますが、それがそのまま日本球界、そしてメジャーリーグでも続けているという感じがします」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧