オリ・山本由伸の二十歳の決意「160kmは投げられる」

タグ: , 2019/1/24

 2017年に宮崎・都城高校からドラフト4位でオリックスに入団した山本由伸投手。プロ2年目の2018年シーズンには54試合に登板、4勝2敗1セーブ32ホールド、防御率2.89という好成績を残し、彼の「伸びしろ」にはまだまだ可能性があることをプレーで証明した。そんな山本由伸の、来季にかける二十歳の決意を聞いた。

(C)ORIX Buffaloes





・合わせて読みたい→
オリ・山本由伸の飛躍の裏側にあった「やり投げ理論」と練習方法(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshinobuyamamoto-way-to-practice/)

新人王よりも一年投げられなかったことが悔しい


「新人王は正直取りたかったし、もしかしたら取れるのではないかとは思っていました。でも、新人王を取れなかったことより、途中離脱してしまったり最後ケガもしてしまったりということの方が気になっていましたね。ただ、これだけ多くの試合を投げられたということは良かったし、収穫はあったと思います。」と、本人が語るように、ケガとスタミナに課題を感じながらもポジティブに捉えている、飛躍の一年となった2018年シーズン。体力の面では、「まだまだですね。シーズン途中はすごく疲れて体がだるくなったりしたので。1年間一軍でやり抜く難しさがわかりました。」と猛省するものの、プロの一軍で1年間戦い抜く大変さと難しさを身をもって経験した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧