「ちょっと残念。キャッチャーの考えが読みきれない」日本一の投手コーチ、佐藤義則氏が語る阪神バッテリーの「課題」とは

タグ: , , 2022/6/24

(C)CoCoKARAnext

 21日に行われた広島対阪神の試合について、現役時代、阪急で最優秀投手をはじめ、最優秀中継ぎ投手、最多勝利、最多奪三振、ノーヒットノーラン達成など数多くのタイトルを獲得し、引退後もダルビッシュ有や、田中将大ら日本を代表する投手たちを育てあげ、野村克也氏や星野仙一氏に「日本一の投手コーチ」と称された佐藤義則氏が、自身でおこなっているYouTubeチャンネル「佐藤義則チャンネル」で語った。

【動画】2022年6月21日【 阪神 vs 広島 】 佐藤義則氏のワンポイント解説


 広島・マツダスタジアムで行われた一戦は、先発した阪神・西勇輝が5回7安打5失点と今季ワーストタイの内容とピリッとせず、3-5で阪神は敗れた。

 この試合について佐藤氏は「相性の問題もあるのか、今年は(阪神が広島に)勝ててないというところに西君の5回の4失点も見えた」

「(初回は)悪くはなかったけどマクブルームに対して、高めの球をタイムリーにされた。この1点は問題ないかなと思っていた。2,3,4回は西君のピッチングが素晴らしく、リズムに乗ってきたかなという感じ」

 と、初回に失点はしたものの4回までの西のピッチングに対しては好印象を持ったと語った。しかし、そんな西が崩れたのは5回だった。一死から2本のヒットで二死二、三塁のピンチを迎えると1番野間、2番宇草、3番菊池涼に3連続適時打を許し、4失点を喫した。





 この回の西の投球について佐藤氏は、

「4回までのピッチングからは、こんな風になる感じはなかったんで、ちょっと残念な感じでしたけど。広島のバッターが上手く打っていた。特に左バッターが逆方向に上手く打てていた。これが西勇攻略の1番の見本のようなバッティング」

 と、広島のバッター陣の逆方向へのバッティングを称賛した。一方、阪神バッテリーの配球については納得いかない様子だった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧