巨人「困ったときの亀ちゃん」で連敗ストップ!イチローイズムを受け継ぐ男

タグ: , , , 2021/10/2

 チームの危機を救ったのはやはりこの男だった。巨人は1日のDeNA戦(東京ドーム)に3―2と勝利。7回に亀井善行外野手(39)が決勝犠飛を放ち、連敗を5で止めた。

 同点で迎えた七回、1死から若林が中前打、坂本が左前打で二、三塁とすると、4番・岡本和が申告敬遠で歩かされた。一死満塁の好機に5番の亀井はセンターへ値千金の犠牲フライを打ち上げ、しっかり仕事をしてみせた。この日の亀井は2点を追う6回にも丸の左前打で二塁から激走。相手捕手と交錯しながら同点のホームを踏み、「体が壊れてもいいと思った」と闘志あふれるプレーでチームに勝利をもたらした。

・今すぐ読みたい→
原巨人いよいよ終戦か 総額3億円 ささやかれる「戦犯の名前」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-end-of-the-pennant-race/



 
 ヒーローインタビューでも笑顔はなかった。決勝犠飛の場面については「毎年、なんか…。誰かが敬遠して僕(の打席)っていう形が多いので、いつもナメられてるなという気持ちはあるんですけど」と悔しさをあらわにしつつ、こう続けた。「本当に今年は情けない成績でね、あれですけど、いいところで打ててよかったです」と仕事を果たせたことに安堵の表情も浮かべてみせた。

 巨人一筋17年のベテラン。原監督からも「困ったときの亀ちゃん」と全幅の信頼を置かれている。「若手が多くなった今のチームで原監督の勝利至上主義を最も理解している選手の一人。過去には内野5人シフトも経験。なかなか結果を残せない若手にも『とにかく飯だけは食っとけ』とアドバイスを送るなど、いい兄貴分です」(球界関係者)。





 自らで「こんなに長くプロ野球選手を続けられると思っていなかった」という亀井が覚醒したのは2009年の第2回WBCの経験も大きいとされる。侍ジャパンのメンバーとしてイチロー氏と過ごした経験が今のキャリアにつながっているというのだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧