中日の京田放出トレードが「身内」からも批判集める「理由」とは

タグ: , , , , , 2022/11/19

(C)Getty Images

 大型トレードを続々敢行、「血の入れ替え」を進める中日が球界の話題を独占している。

 18日に両球団から発表となったのは中日京田陽太内野手(28)とDeNA砂田毅樹投手(27)の1対1の交換トレード。手薄だった左の中継ぎ強化を図りたい中日と遊撃ポジションを強化したかった両球団の思惑が合致したとされるが、波紋を呼んでいるのは、中日側は次々に主力級を放出していることにもあった。

【関連記事】「中日は大丈夫か」中日・京田陽太とDeNA・砂田毅樹の電撃トレードに球界OBも驚き






 15日にもマスターの愛称で知られた阿部寿樹内野手(32)と楽天涌井秀章投手(36)の1対1の交換トレードを成立させたばかり。阿部はビシエドをのぞき、日本人野手の中ではチームの本塁打、打点トップ。貧打線が課題となる中、数少ない「打てる選手」だっただけに、チーム内外に衝撃が走った。

 チームの今後に危機感を抱いたのは球団OBも同様だった。今ドラフトでは内野手4人を獲得、矢継ぎ早に世代交代を進めるチームについて昨季、現役を引退、現役時代は強打の外野手で鳴らした中日OBで野球解説者の藤井淳志氏(41)は18日に出演した東海ラジオ「Live Dragons!」内で今回の2件のトレードについて言及する場面があった。

 今季の開幕戦で二遊間を務めた2人が放出された点について、藤井氏はまず「まあ、正直どっちか一人じゃないと、内野手はね、今、誰がいるの?ってなった時にメドが立つ選手がいないですよね」と疑問を呈す。

 ドラフトでは内野手4人を獲得したことも話題を呼んだが、それを踏まえても「ルーキーで(内野手を)たくさん獲りましたけど、基本的にルーキーでいきなり二遊間で活躍を求めるのは酷ですよね」と特に内野の大事なポジションとあって、若手育成には一定の時間が必要だと話す。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧