来オフFAのダルビッシュはパドレスと再契約か。現地メディアが予想「途方もない価値をもつこととなる」

タグ: , , , 2023/1/11

(C)Getty Images

 昨季、レギュラーシーズン16勝を挙げ、メジャー自身最多タイの白星を挙げたダルビッシュ有の、来季以降の去就が話題となっている。パドレスの地元、サンディエゴのスポーツメディア『East Village Times』が2023年オフにフリーエージェント(FA)となる日本人右腕について、2024年以降もパドレスの一員としてメジャーのマウンドに登ると予想した。

 同メディアは、現地時間1月9日配信となったパドレス投手陣を扱う特集記事の中で、他の契約最終シーズンとなる他の主力投手と比較しながら、ダルビッシュへの信頼の高さを表している。記事では「ダルビッシュは昔ほど若くはないが、この右腕投手はかなり安定している。パドレス先発陣の中で、プレーオフシーズンになると36歳のダルビッシュがもっとも信頼感がある」と称えている。

【関連記事】【WBC】侍ジャパン栗山監督を最後まで悩ませる「ボーダーライン」の選手の名





 さらに「昨シーズン、自己最高の194イニングを投げ、これはダルビッシュのキャリアで2番目に多い投球回数となった」と指摘、さらに「彼はエリート投手であり、その価値は長い間証明されてきた。ダルビッシュの投げる球種は、打者に対して圧倒的であり、球種は12種類にも及ぶ」と評した。

 ダルビッシュは今年の8月にさらに一つ年齢を重ねる。メジャー11シーズン目を迎える大ベテランと位置付けられるも、現地メディアは再契約が有力だと、以下の様に主張している。

「この日本人右腕投手は、2018年2月にカブスと結んだ6年1億2600万ドルの契約の最終年である今季、1800万ドルを稼ぐことになる。ダルビッシュの次の契約では、1シーズン2000万ドルを軽く超えることとなるだろう。40歳の誕生日を目前に控え、3年契約が予想されるようだ」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧