中野友加里×安藤美姫、「記録よりも記憶に残る選手に」安藤美姫が尊敬するスケーターとは

タグ: , , 2021/1/17

 フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんが、フィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

年明けよりお届けしている、元世界女王・安藤美姫さんとのコラボ動画。

15日に公開された第3弾では、安藤さんのスケート観を変えた尊敬するある選手についてたっぷりと明かされた。

・今すぐ読みたい→
中野友加里×安藤美姫、知られざる2人の食生活とは!? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-mikiando/

スケーターとしても人としても愛される選手


女子フィギュア選手で初めて4回転ジャンプを成功させた安藤さんだが、「憧れの選手は?」「4回転はどうやって研究した?」という中野さんの質問に対し、「(憧れの選手は)いない」「(研究は)してない」とキッパリ。これには中野さんも「スケート好きですか?」と思わず問う一面も。

その理由について安藤さんはこのように述べている。

「(スケートは)好きだけど、フィギュアスケートを知って始めたわけではなく、習い事の一環としてスケートをやっていて一番楽しかったから続けたんですよね。だから、誰々に憧れてとか、誰々を見てとかはないんです。」

そんな安藤さんだが、一方で自身が「尊敬」している選手がいるという。

「尊敬している選手は、ミシェル・クワン選手です。私はちょうど長野五輪開催の頃にスケートを始めたんですが、当時、タラ・リピンスキー選手(長野五輪金メダリスト)やミシェル選手(長野五輪銀メダリスト)がブームでした。最初はタラ選手派だったんです。やっぱりジャンプが凄かったので。それを見た時に、この人がチャンピオンだったら、この人よりも上手になればいいんだ!この人がやれる以上のことをやりたい!と思ったんです。」





スケートを始めた当初に目の当たりにしたオリンピアンの滑り。そのミシェルさんを尊敬する理由について安藤さんはこう話す。

「初めてお会いしたのが、2004年の世界選手権でした。実際にあって感じたのが、まずオーラが違う。リンクの上にいる姿が本当にかっこいいんです。当時私はジュニアと掛け持ちをしながらの出場だったので、ほとんどの選手にいうならば相手にされなかったんです。ただ、ミシェルだけは凄く気さくに喋ってくれたし、英語もまだ全然わからない私に優しくしてくれました。その時に、スケーターとしても人としても愛されるってこういう人のことだと思いましたね。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧