【対談】中野友加里×安藤美姫、五輪への思い&どん底から救ったある女性の存在を明かす

タグ: , , 2021/1/30

 フィギュアスケート女子元日本代表の中野友加里さんが、フィギュアスケートを様々な角度からお届けするYouTubeチャンネル「フィギュアスケーター中野友加里チャンネル」。

年明けよりお届けしている、元世界女王・安藤美姫さんとのコラボ動画だが、29日に公開された第5弾では、五輪への思いについて語られた。

そこで明かされた、安藤さんを救い、スケートを続けるきっかけとなった、ある女性の存在とは一体・・・?

・今すぐ読みたい→
中野友加里×安藤美姫、知られざる2人の食生活とは!? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yukarinakano-mikiando/

トリノ五輪代表選考当時を振り返って・・・


2006年のトリノ五輪、2010年のバンクーバー五輪と過去2度の五輪出場経験がある安藤さんだが、2度の代表選考は、自身にとって全く違ったものだったという。

「トリノの時は(代表)内定していましたが、全日本選手権で点数が出なくて(6位)、これは代表落ちたなと思っていたんです。もう代表はないと思っていたので、試合が終わって表参道にご飯を食べに行っていました。そうしたら『今どこにいますか?日本代表の発表があるので戻ってきてください』って電話がかかってきたんです。」

と、代表選考時のまさかのエピソードを暴露。

こうして、晴れて五輪切符を手にした安藤さんだが、当時の心境についてこう明かす。

「結局スケートを始めて9年で五輪のチャンスをもらってしまったので、あの当時は日本代表としての自覚とか、国旗を背負っていく責任感とかまだわからなくて・・・。自分ができる4回転を挑戦する姿を世界の人に見てもらいたいというのが夢でした。」





結果、トリノ五輪では4回転サルコウに挑みはしたものの、転倒もあり総合15位という結果に。当時を振り返って安藤さんは、

「あの頃から、メディアへの対応も色々と大変な時期で、スケートも集中できなくて、まあ辞めたかったですよね。スケートが嫌いとか、やりたくないとかではなくて、自分が今まで好きでやっていたスケートがあるがために人生が壊れるんだったら、辞めた方が将来の自分のためになると思い、トリノの時は辞めるために頑張っていました。」

と、スケートを辞めようと思っていたという胸のうちを明かした。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧